ANA陸マイラー活動に欠かせないクレジットカード、アカウントと交換ルートのまとめ

陸マイラー活動に欠かせないクレジットカード、アカウントと交換ルートのまとめ

地上で航空会社のマイルを貯める、陸マイラー。

できるだけ多くのマイルを貯めるためには、絶対に必要なクレジットカードやポイントサイトがあります。

どのクレジットカードに入会する必要があるのか、また、どのポイントサイトのアカウントが必要なのかまとめました。

【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。当サイトから、毎月100人以上入会しています!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。Marriott Bonvoyの最新情報も
陸マイラーが年会費34,100円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込34,100円! ...

陸マイラーになるために欠かせないもの

地上で航空会社のマイルを貯める

そう聞いたとき、まだあなたがマイルを貯める活動を始めていなければ、ANAカードやJALカードなど、クレジットカードの利用でマイルを貯めることを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードの利用だけでは、年間10万マイルを超えるようなことは難しいと言えます。
年間10万マイル貯めるためには、クレジットカードだけで1,000万円ほど使わなければならないからです。

しかし、年間10万マイルを超えるような大量のマイルを貯めている人は、クレジットカードの利用だけでは貯めておらず、

  1. 「ポイントサイト」と呼ばれるサイトでポイントを貯め
  2. 貯まったポイントを航空会社のマイルと交換する

という方法を取っています。

このように、地上で多くのマイルを貯めるためには、絶対に欠かせないなクレジットカードや、ポイントサイトのアカウントがあります。

これらは、大きく、

  1. マイルへの交換に必要なクレジットカード
  2. ポイントを交換するサイトのアカウント
  3. ポイントを稼ぐサイト(ポイントサイト)のアカウント

に分けることができます。

陸マイラーになるために欠かせないもの

ポイントサイトについては、以下のページにまとめています。

ポイントサイトって、何だろう?新しい広告の形
ポイントサイトを、知らない方もいらっしゃると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。 ネット...

ポイントサイトで貯めたポイントを、最終的に航空会社のマイルに交換するためには、何度かポイントの交換を繰り返す必要があり、その手順はルートと呼ばれます。

ANAマイラー向けのポイント交換ルート

2019年6月以降で、ANAマイラー向けのポイント交換ルートは、以下のものがあります。

なお、残念ながら、1. LINEポイント経由・ソラチカルートは、2019年12月27日 15:00をもって、LINEポイント → メトロポイントへの交換が出来なくなることが発表されました。

  1. LINEポイント経由・ソラチカルート [最大交換率 81%] (2019年12月27日まで)
  2. TOKYUルート [最大交換率 75%] New!(2019年6月~)
  3. nimocaルート [最大交換率 70%]

「LINEポイント経由・ソラチカルート」としているのは、他のブログではLINEポイントルートとされていますが、最終的には従来のソラチカルートなので、当サイトではこの表記としました。

それぞれのルートのメリット(長所)、デメリット(短所)は以下の通りです。

ルート ◎ 長所 △ 短所
LINEポイント経由
ソラチカルート
  • 交換率が81%
  • 交換回数が多い
    (最小4回、最大6回)
  • 月上限が18,000マイル
    (年間216,000マイル)
  • 交換まで時間がかかる
  • 2019年12月27日で閉鎖
TOKYUルート
  •  交換手順がシンプル
  • 交換率76%
  • 月上限75,000マイル
nimocaルート
  • 交換手順がシンプル
  • 月の交換上限が無い
  • ポイント交換元が多い
  • 交換率70%
  • 実交換機で交換
    (福岡、大分、熊本、宮崎、函館)

交換回数が多くて手間がかかるものの、基本的には還元率が高い「LINEポイント経由・ソラチカルート」がメインになるでしょう。ただし、先ほどお伝えしましたように、2019年12月27日 15時以降は使えなくなります。

2019年6月から新たに開通したのが、東急グループによるポイントサービス、TOKYO POINTを利用した、TOKYUルートです。

TOKYUルートは、LINEポイント経由・ソラチカルートよりも交換率は下がりますが、2019年12月28日からは、こちらが主要の交換ルートになります。

nimocaルートは、LINEポイント経由・ソラチカルートの交換が面倒なときの代替ルートとして使われていました。
しかし、マイルと交換するためには、交換機まで足を運ぶ必要があったり、新たに出てきたTOKYUルートよりも交換率が悪いことから、TOKYUルートにその地位を譲ることになるでしょう。

それでは、それぞれのルートと、必要なクレジットカード、サイトやサービスのアカウントについてご案内します。

1. LINEポイント経由・ソラチカルート (年内で終了)

2018年3月31日まで、「ソラチカルート」という交換ルートを使うと、最大交換率90%もの高い交換率で、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換できました。

ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...

この当時は、Gポイント、PeX、ドットマネーというポイントを、ソラチカルートに乗せることができました。

2018年4月1日からはこれらのルートが廃止され、LINEポイントからの交換のみ残される形となったため、これを当サイトでは「LINEポイント経由・ソラチカルート」と呼びます。

最後の砦となるLINEポイントからの交換も、2019年12月27日 15時で終了となります。

LINEポイント経由・ソラチカルートを図示すると、次のようになります。

LINEポイント経由・ソラチカルート

最初はこの図を見ても何のことなのか分からないかも知れませんが、一度試しに実行してみると、すぐに分かるようになるでしょう。

それでは、それぞれの項目のご案内です。

LINEポイント経由・ソラチカルートに必要なクレジットカード

LINEポイント経由・ソラチカルートに必要なクレジットカードは次の通りです。

  1. ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB
  2. 三井住友VISAカード

陸マイラー活動には、いくつかの決まったクレジットカードが欠かせないため、18歳未満の方や、与信の関係でクレジットカードを所有・入会できない方はスタートラインに立てません。

また、短期間に複数のクレジットカードの入会申請を行うと、入会がNGになる可能性がありますので、一ヶ月に1枚など、間隔を空けて申し込むようにしましょう。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカードこと、「ANA To Me CARD PASMO JCB」は、メトロポイントというポイントを、90%の交換率でANAマイルに交換できるクレジットカードです。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

詳しくは、このページにまとめています。

ソラチカカード ANA陸マイラー向けまとめ
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の年会費、還元率、オートチャージ、ETCカード、メトロポイント、カードのメリット・デメリ...

ソラチカカードはANAカードでもあるので、必然的にANAのマイレージプログラムである、AMC(ANA Milege Club)に入会できます。

ソラチカカードは、以前はポイントサイトの案件にはほとんどなかったのですが、2018年からはポイントサイトに度々案件がでてきます。

2019年10月の時点では、「すぐたま」経由で最大7,500円相当のポイントがもらえます。

ソラチカカードは、入会キャンペーンが行われていることが多いので、上手く利用しましょう。
現在、最大還元が受けられるポイントサイトも掲載しています。

ソラチカカード、2019年の入会キャンペーン中。2019年10月15日申込分まで
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の入会キャンペーンが行われています。最大、約57,000マイルの獲得が可能です。 ...

ソラチカカードが手元に届いた後にやるべきことは、このページにまとめています。

ソラチカカードが届いたらやるべきこと ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB。以下、ソラチカカード)が手元に届いたら、ANAマイラーがやるべき作業があり...

ソラチカカードは、ANAカードなので、飛行機の搭乗券を購入するときに使うとボーナスマイルがもらえます。

ソラチカカードに付属するパスモは、オートチャージにも最初から対応しているので、普段使いできます。
PASMOに限らずオートチャージは、慣れると手放せないサービスのひとつだと思います。
オートチャージはお世辞抜きにとても便利で、時間の節約になります。

三井住友VISAカード

2018年4月1日以後、ソラチカルートにポイントを乗せるためには、三井住友VISAカードが必要になりました。
(後から述べる、PeX → LINEポイントに交換する短縮ルートであれば三井住友VISAカードは不要になりますが、最大交換率は81%から73.6%に減ります)

これは、三井住友VISAカードのポイントである、「ワールドプレゼント ポイント」を使うためです。
三井住友VISAカード ワールドプレゼント ポイント

ANAカードで、ワールドプレゼント ポイントが利用できるカードには、以下のものがあります。

  1. ANA VISA 一般カード
  2. ANA VISA Suicaカード
  3. ANA VISA nimocaカード
  4. ANA VISA ワイドカード
  5. ANA VISA ワイドゴールドカード
  6. ANA VISA プラチナプレミアムカード

先のソラチカカードは、JCBのカードなので、VISAのワールドプレゼントは利用できません。

これらのVISAのANAカードを持っていない場合、もうひとつのルートである、nimocaルートを利用できる ANA VISA nimocaカードが良いでしょう。

なお、「ワールドプレゼント ポイント」を利用することができれば、ANAカードに限らず、三井住友VISAのどのカードでもかまいません。

私自身、調べてみたら過去に作成したクレジットカードでこのワールドプレゼントポイントを利用できました。


三井住友VISAカードだけど、「ワールドプレゼント ポイント」が貯まらないカードも存在し、以下のページにまとめられています。

ワールドプレゼント以外のポイントが貯まるカードについてご案内。クレジットカード情報の照会・各種お申し込みの受付が24時間いつでもOK。あなたのクレジットカードライフをサポート!

↑のページに記載されているカードでは、LINEポイント経由・ソラチカルートでは利用できませんのでご注意下さい。

LINEポイント経由・ソラチカルートで、ポイントを交換するサイトのアカウント

LINEポイント経由・ソラチカルートでは、ポイント交換のために必要なサイト(サービス)があり、それらのアカウントを持つ必要があります。

具体的には、以下の3つのサイト(サービス)のアカウントが必要です。

  1. PeXのアカウント
  2. Gポイントのアカウント
  3. LINEポイントを利用するための、LINE Payアカウント

LINEポイント Gポイント PeXポイント

それでは、それぞれのご案内です。

PeXのアカウント

PeXはポイント交換サイトとしての傾向が強いポイントサイトです。

PeX、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「PeX」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向け...

各種のポイントサイトは、その交換先としてPeXへの交換ができることが多いです。
そして、PeXからその他のポイントへの交換も充実しています。

以前からPeXのポイントはLINEポイントに交換できましたが、その交換レートは悪かったので、利用することはありませんでした。
しかし、2018年6月から、LINEポイントへの交換率が大幅に向上し、90.9%になりました。

先の交換に関する図では、紫色で示したラインの「短縮交換ルート」です。

PeXのポイントを、正規のルートでワールドポイントに交換した場合と、短縮ルートになるLINEポイントに交換した場合のメリット、デメリットは以下の通りです。

交換先 交換率 最終的な
ANAマイル
交換率
メリット デメリット
ワールドポイント 100% 81% 交換率が高い 手間がかかる
LINEポイント 90.9% 73.6% 交換手間が少ない 交換率が下がる

PeXのポイントを、ワールドポイント、LINEポイントどちらに交換するのかは、手間を選ぶか、それとも交換率を選ぶかということでしょう。

しかしながら、慣れてしまえば正規の交換率が高いルートであっても、それほど苦ではないと思います。

Gポイントのアカウント

2018年4月の時点で、LINEポイントに直接交換できるのは、モッピーとポイントタウン、そしてGポイントでした。
2018年6月からは、PeXから交換率90.9%でLINEポイントに交換できる短縮ルートができたものの、最大交換率は81%から73.6%へと減ります。

そのため、「手間がかかっても、ポイントの目減りを減らしたくない」という時には、Gポイントが欠かせません。

Gポイントは、他のポイントからの交換機能が充実しており、様々なポイントをGポイントに交換することができます。

各種ポイントをLINEポイントに交換するため、Gポイントのアカウントが必要となります。

Gポイントについては、次のページに詳しくまとめており、入会の方法も案内しています。

Gポイント、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「Gポイント」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けにまと...

Gポイントでも、ポイントを貯めることができます。

しかし、クレジットカードの入会など大きなポイントがもらえる案件のポイント数が少なく、還元率も低めのため、後にご案内する「ポイントを貯めるためのポイントサイト」を利用するのが良いでしょう。

LINE Pay(LINEポイント)のアカウント

「LINEポイント経由・ソラチカルート」と名付けたルートであるだけに、LINEポイントが利用できる必要があります。

LINEポイントは、コミュニケーションツールである、あのLINEのポイントサービスです。

ちょっとややこしいのですが、「LINE Pay」という支払いサービスを利用すると、LINEポイントが貯められます。「LINE Pay」はカード型の他、2次元バーコードによる支払いにも対応しています。

大抵の方が、ご自身のスマートフォンにLINEのアプリをインストールされていると思います。
LINEが入っていれば、LINE Payを使うのは簡単。次のページに従って、登録を済ませましょう。

簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット

ポイントを稼ぐサイト(ポイントサイト)のアカウント

現在、ポイントサイトがたくさんあり、その中でサイトの運営が安全で健全かつ主要なものを当サイトで取り上げています。

その中でも、「LINEポイント経由・ソラチカルート」で効率良く貯めやすいポイントサイトをご案内します。

なぜ、複数のポイントサイト?

ここで補足です。

陸マイラーは、複数のポイントサイトの会員になっていることが多いのですが、それはなぜでしょうか?

これは、次の理由によるものです。

  • ポイントサイトによって、強い分野・弱い分野がある
  • 最高額の還元が得られるサイトは、その都度変わる

ポイントサイトによって、クレジットカードの発行に強かったり、ネット通販が強かったりと得意分野が分かれています。できる限り効率良くポイントを貯めるためには、この得意分野を生かす必要があります。

最高額の還元において、差が大きいのはクレジットカードの発行です。
クレジットカードの発行によって得られるポイントは、そのカードの初回発行に限られることがほとんどです。

そのため、入会 → 退会し、その後、再びポイントサイト経由でクレジットカードを発行(入会)しても、2回目の時はポイントがもらえないのが普通です。

クレジットカードの発行のように、ポイント獲得が初回に限られるものは、可能な限り高還元のポイントサイトを利用することが一般的です。

ハピタス (当サイト、人気ダントツNo.1)

ポイントサイトの中で、全般的に還元率が高く、当サイト訪問者の中で最も入会者が多いのは、ハピタスです。(他のポイントサイトと比べると、入会者はダブルスコア以上)

ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

必要以上にポイントサイトに登録したくない方や、とりあえず陸マイラーをやってみたいというときは、ハピタスから始めると良いでしょう。

ハピタスのポイントは、Gポイントに交換することができます(2019年7月25日~)ので、LINEポイント経由・ソラチカルートによって、ANAマイルを貯めることができます。

以前はもう少し交換手順がかかっていましたが、2019年7月25日から改善しました!

また、後から出てくる、TOKYUルート、nimocaルートも利用できるため、非常に使い勝手が良いです。

モッピー

ハピタスの次に当サイトで人気があるのは、モッピーです。

モッピー、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「モッピー(moppy)」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラ...

モッピーのポイントは、LINEポイントに直接交換でき、交換ルートが短くできますが、交換率は約90%です。

そのためポイントの目減りを防ぐためには、等価(100%)交換できる、PeXに交換するのが良いでしょう。

モッピーは、2017年からはJALマイルも貯めやすくなっているのが良いですね。

時々、高還元の案件が期間限定で出ますので、日々のチェックが欠かせません。

後から出てくる、TOKYUルート、nimocaルートも利用できるため、非常に使い勝手が良いです。

ファンくる

ファンくるは、他のポイントサイトと趣が異なり、「覆面の飲食モニター」を主としているポイントサイトです。

ファンくる(fancrew)、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイトファンくる (fancrew)のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなど...

案件がたくさん追加される毎月1日は、アクセスが困難になるくらいの人気があります。

普段の飲食でポイントを貯めることができるサービスと言えるでしょう。

ファンくるのポイントは、PeXに交換することができますので、LINEポイント経由・ソラチカルートによって、ANAマイルを貯めることができます。

その他

これまでご案内のポイントサイトの他、次のポイントサイトでも、LINEポイント経由・ソラチカルートを利用できるポイントを貯めることができます。

それぞれ、文字をクリック(タップ)すると、詳細の説明ページに移動します。

2. TOKYUルート

TOKYUルートを開通させるためには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です。

TOKYUルートでは、TOKYUポイントをANAマイルと75%の交換率で交換できます。

TOKYUルート

TOKYUルートは非常にシンプルで、月の上限も75,000マイルと高いので、多くのポイントが貯まっていたとしても問題無いでしょう。

交換率は75%とLINEポイント経由・ソラチカルートよりは下がりますが、それでもJALで一般的な50%と比べれば、150%も高いことになります。

TOKYUルートに必要なクレジットカード

TOKYUルートに必要なクレジットカードは次の通りです。

  1. TOKYU ANAカード (ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

TOKYUルートに必要なのは、このクレジットカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)だけです。カードの名前が長いので、東急ANAカードと呼ぶこともあります。

ANAのマイレージ会員になっていない方でも、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)はANAカードなので、自動的にマイレージの会員になることができます。

ハピタス経由でカード入会し、ポイント獲得

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(東急ANAカード)に未入会の場合、欠かせないポイントサイト、ハピタス経由でカード入会すると、ポイントがもらえます。

ハピタスに入会後、「ANA TOKYU」検索すると、案件の広告が出てきます。

ANA VISA Suica / nimocaとなっていますが、対象のカードにANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが入っていますので大丈夫です。

この広告経由でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに入会しましょう。

ハピタス経由でカード入会し、ポイント獲得

後日ハピタスのポイントがもらえますので、届いたANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを使って、早速、ANAマイルに交換できるでしょう。

TOKYUルートで、ポイントを交換するサイトのアカウント

TOKYUルートルートでは、ポイント交換のために必要なサイト(サービス)があり、そのアカウントを持つ必要があります。

具体的には、以下のサイトのアカウントが必要です。

  1. ドットマネーのアカウント

LINEポイント経由・ソラチカルートの時には必要なかったアカウントです。
運営は、アメブロで有名な(株)サイバーエージェントです。

ドットマネーに関する詳細はこちら

.money(ドットマネー)、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「.money(ドットマネー)」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットな...

ポイントを稼ぐサイト(ポイントサイト)のアカウント

ポイントを稼ぐサイトは、ドットマネーに交換できることが条件となりますので、数が限られます。

  1. ハピタス
  2. モッピー
  3. ポイントインカム
  4. ファンくる
  5. ちょびリッチ

TOKYUルートは、陸マイラーに人気の、ハピタス と モッピーがおススメです。

3. nimocaルート

LINEポイント経由・ソラチカルートが、ソラチカカードと呼ばれるクレジットカードが必要になるのと同様、nimocaルートではnimocaカード(ANA VISA nimocaカード)が必要です。

nimocaルートでは、nimocaポイントをANAマイルと70%の交換率で交換できます。

nimocaルート

nimocaルート交換の手順は、先のLINEポイント経由・ソラチカルートと比べるとシンプルですね。

ただし、nimocaルートの場合、その交換手続きがネット上だけでは完結することができず、交換機がある福岡、大分、熊本、宮崎、函館まで足を運ぶ必要があるのが難点です。

これらの地域に住んでいる、あるいは近い方はラッキーです。
遠方の方は、マイルへの交換のためにこれらの場所に行く必要があるからです。

nimocaルートに必要なクレジットカード

nimocaルートに必要なクレジットカードは次の通りです。

  1. nimocaカード(ANA VISA nimocaカード)

ANA VISA nimocaカード

nimocaルートに必要なのは、このクレジットカード(ANA VISA nimocaカード)だけです。

ANAのマイレージ会員になっていない方でも、nimocaカードはANAカードなので、自動的にマイレージの会員になることができます。

nimocaルートで、ポイントを交換するサイトのアカウント

nimocaルートでは、ポイント交換のために必要なサイト(サービス)があり、それらのアカウントを持つ必要があります。

具体的には、以下の2つのサイトのアカウントが必要です。

  1. Gポイントのアカウント
  2. PeXのアカウント

GポイントとPeXポイント

これらは、ポイントを貯めるポイントサイトによっては、どちらかだけでも良いです。

しかしこの2つは、交換効率の良いLINEポイント経由・ソラチカルートでも必要なポイントサイトですし、入会も無料なので、両方ともアカウントを開設するのが良いでしょう。

ポイントを稼ぐサイト(ポイントサイト)のアカウント

ポイントを稼ぐサイトは、先のLINEポイント経由・ソラチカルートと同様です。

以下のポイントサイトをおススメします。

  1. ハピタス
  2. モッピー
  3. ファンくる
  4. ポイントタウン
  5. ライフメディア
  6. ポイントインカム
  7. ちょびリッチ

やっぱりnimocaルートでも、ハピタスとモッピーの使い勝手が良いですね。

交換ルートなどのまとめ

ANAの陸マイラー活動について、必要な情報や交換ルートをまとめてみました。

記載の交換ルートについては、各ポイントサイトやクレジットカードのサービスの改善・改悪によって、交換率が上下したり、ルートそのものが無くなってしまう可能性もありますのでご注意下さい。

※このページについては、交換ルートや交換条件が変更され次第、順次更新していきます。

関連情報

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページにつ...

コメント

  1. はな より:

    こんにちは。マイルを貯め始め、こちらにたどり着きました。とても参考になります。ありがとうございます。
    質問ですがPexからlineポイントに代えるのは、ダメなのですか?
    他の方が書かれていて試しましたら、ハピタスのポイントを楽天ポイントに代えてのマイル交換はできませんでした。

    • ana-miler.net より:

      はな様

      コメントありがとうございます!
      PeX→Lineポイントの交換、レート良くなりましたね。全然問題ないです。

      今は、しばらくバタバタしており更新できませんが、時間ができたら内容を更新したいと思っています。

  2. あけぼの より:

    はじめまして、いろいろと記事を拝見させていただきました♪
    どれも興味深い内容でした、今後も楽しみにしております。
    ちょっとお伺いなのですが、
    私は現在ANA VISA ワイドカードを利用しています。
    溜まったワールドプレゼント ポイントはANAのマイルに
    1ポイント10マイルで交換できるのですが(手数料は必要ですが)、
    それよりも経由をさせてマイルに交換した方が
    交換率はよいのでしょうか。
    私なりに計算してみたりしたのですが、いまひとつぴんときません。

    • ana-miler.net より:

      あけぼの様

      コメントありがとうございます!
      ANA VISA ワイドカードで貯まったワールドプレゼント ポイントをANAマイルに交換するとき、
      最も効率が良いのはそのままANAマイルに交換することです。

      このブログで紹介しているのは、カード利用によるワールドプレゼント ポイントではなく、
      ポイントサイトで貯めたポイントを、マイルに交換することですので、ANAカード利用による
      ポイントは、そのままマイルに交換するのが良いと思います。

  3. あけぼの より:

    返信、ありがとうございます!
    なるほど、カード利用とポイントサイトは、それぞれに考えたほうがよいのですね。
    自分で考えていると「あれれ?」ということが多く、
    返信いただけて助かりました。
    ソラチカカードのキャンペーン中とことで、申し込んでみました。
    カードが届きましたら、また記事を参考にさせていただきます☆彡

  4. riz. より:

    はじめまして!
    ポイントサイト活用術を知らず、ずっとANA JABのカード利用だけでマイルを貯めていたのですが、
    ようやく、先月からちょびリッチでポイントを貯め始めました(苦笑)。
    そこで、教えていただきたいのですが、
    ちょびリッチからは直でANAマイルに交換もできますが、率も悪いのでソラチカカードを作ろうと思ったのですが、
    実はガラケー愛用者でして…スマホに変える気はないのですが、
    その場合、LINEポイントに交換する何か裏技みたいのはありますか?
    もし何かご存知でしたらよろしくお願いします!

    • ana-miler.net より:

      riz.様

      コメントありがとうございます。

      LINEポイントですが、ガラケー版のLINE自体が2018年3月で終了しているので無理だと思います。
      ポイントサイトの利用には、スマホが欠かせないと思いますし、世界的に見てもモバイル端末は完全にスマホに移行していますので、スマホに切り替えた方が良いと思います。

  5. riz. より:

    返信ありがとうございます。
    やはりそうですか…あとはLINEポイント以外への移行が復活してくれるなんてことがあれば、って感じですね。期待はまったくできませんが。。。

  6. 旅行だいすき より:

    はじめまして。
    クレジットカードをANAマイルが貯めれるように変更したく、楽しく読ませていただきました!

    現在、私はJAL Tokyu clubQカードを、主人がANAアメックスゴールドカードを使用しています。私はポイントサイトを経由して、JAL マイルを貯めていました。今後ANAのマイルに統一して貯めたいのですが、

    ①主人のANAアメックスゴールドの家族カードを発行するか、
    ②ソラチカカード(ANA to me カード)を発行するか、(ポイントサイト利用してのANAマイルを貯めるには必須のカードのようなので)
    ③あるいは両方必要になるか、
    ④東急ストア等利用するので、ANA Tokyu clubQに切り替えるのが良いか(world presentにも対応しているようです)

    等悩んでいます。spgアメックスも魅力的なのですが…アドバイスいただけたら嬉しいです!

    • ana-miler.net より:

      旅行だいすき様

      コメントありがとうございます!

      お答えとしては、何をメインカードにしたとしても、ポイントサイトでANAマイルを貯めるためには、「ソラチカカードは必須」となります。
      できれば、旅行大好き様と、ご主人様、それぞれソラチカカードの本会員になるのがベストです。
      ソラチカカードの家族会員では、LINEポイント経由・ソラチカルートを利用できないためです。

      家族2人でソラチカカードの本会員になれば、最大で年間216,000マイル×2人分=43.2万マイルが可能になります。(原資となるポイントを頑張って貯める必要がありますが)

      メインカードは好きなものをお選びすれば良いと思います。もちろん、ソラチカカードメインでも良いです。
      ポイントサイトメインで貯める場合、普段のクレジットカードは極論、無料の楽天カードやYahoo!カードでも良いくらいです。

      ご主人のANAアメックスゴールドですが、spg AMEXは年会費は同じ33,480円。
      通常店舗での利用であれば還元率は同等、付属サービスも似ています。
      しかし、spg AMEXであればカード更新で、マリオット系ホテルに大人2名が1泊できるので、希望する旅行先にマリオット系のホテルがあれば、オトクだと思います。
      この理由から、spg AMEXに興味を持たれる方が多いのです。
      ただし、spg AMEXでも家族会員には、この無料宿泊はありませんのでご注意下さい。

      私自身、ANAカードはソラチカカードとnimocaカードだけで、他のANAカードは現在持っていません。

      • 旅行だいすき より:

        アドバイスありがとうございます!
        とても参考になりました。
        やはりソラチカカードは必須なのですね。
        ソラチカカード、夫婦で持てるように説得してみます!

  7. ゆうき より:

    楽天ポイントの交換先で迷っています。
    今まで楽天ポイント1,000ポイント→ANAマイル500ポイントで移行していましたが、楽天ポイント500ポイント→メトロポイント500と等価交換のルートがあるのを見つけました。
    こちらは最終的にANAマイルに移行できるのでしょうか?

    • ana-miler.net より:

      ゆうき様

      楽天ポイントに交換できるポイントはたくさんあり、メトロポイントはその1つです。

      しかし、楽天ポイント”から”交換できるポイントは、楽天Edyと、ANAマイルの2つしかありません。
      楽天ポイント500ポイント→メトロポイント500というルートはないので、その逆の誤りではないでしょうか。

      もし、楽天ポイント500ポイント→メトロポイント500のルートがあるのであれば利用したいくらいです。

  8. 佐藤信勝 より:

    私はGetMoney!でポイントを貯めていますが、GetMoney!の事が
    書かれていません。駄目なんですか?

    • ana-miler.net より:

      佐藤様

      コメントありがとうございます。
      GetMoney!でも、大丈夫です。
      単に、私がサイトで取り上げていないため、ルートに掲載していないだけです。