持ち帰りできるようになったANAのイヤホン。でも、左右が分からない。

持ち帰りできるようになったANAのイヤホン。でも、左右が分からない。

ANAやJALのようなFSCの飛行機に乗ると、イヤホン(ヘッドフォン)が各座席のシートポケットに入っており、音楽などの機内エンターテイメントを楽しむことができます。

このイヤホン(ヘッドフォン)は、これまで持ち帰りできませんでした。
しかし、最近ANAの国内線ではイヤホンの形状が変わると同時に、持ち帰りできるようになりました。

新しくなったイヤホンがどのようなものか、ご紹介致します。

スポンサーリンク
レグタングル大336

黒いヘッドフォンから、白いイヤホンに

これまでANAでは、黒いプラスチック製のヘッドフォンが、ビニールに入った状態でシートポケットに入っていました。

ヘッドフォンにはANAのロゴが入っており、耳の中に入れるイヤホンタイプではなく、耳の上から被せるヘッドフォンタイプでした。

これが、最近、白いイヤホンタイプに変わりました。
(JALは前からイヤホンタイプだった気がしますが)

ANAのニュースリリースを見てもこの変更は載っていないと思うのですが、2017年10月29日からのダイヤ改正に伴って変わったのだと思います。
11月に乗った日付と行き先が異なる 3回のANA便は、全てこのイヤホンタイプでした。

全席シートポケットから、希望者のみ搭乗時に受け取りに

イヤホン形状の変更と共に変わったのは、各シートポケットの中に入っているのではなく、搭乗時に希望者のみが受け取りになったことです。

受け取りは、搭乗口の近くにイヤホンが置いてあったり、CAさんから受け取ったりというスタイルです。

搭乗時にイヤホンを自分で受け取るスタイル

搭乗口で受け取らなかった場合、各シートポケットには入っていないため、機内のエンターテイメントが聴けません。
その時は、CAさんにお願いすれば、すぐに持ってきてくれます。

イヤホンの持ち帰りが可能に

新しくなったイヤホンがこれです。
新しくなったANAのイヤホン。持ち帰り可能に

青いビニールに入っており、外側に「ご自由にお持ち帰りください。」と書いてあります。

そう、このイヤホンは、堂々と持ち帰り出来ます。
しかし、次の理由から、家に持ち帰って、普段使いするほどではないと思います。

音質は「音が出ている程度」のもの

早速、イヤホンで聴いてみました。

ビニール袋から取り出すと、こんな感じ。

ANAのイヤホン拡大

このイヤホンの音質はというと、本当にスッカスカ(笑)
低音はほとんど出ていません。

まぁ、エンジン音がある機内かつ、国内線で短距離ですから、もともとオマケ程度のものなのかも知れません。
国際線と違って、ANAの国内線は、各シートにモニタもありません。
(ただし、2017年9月12日より国内線で運航が始まった、エアバス A321neoは全席モニタ付き!)

普段使いするには、音質が良く無いためおすすめできません。

国内線の機内エンターテイメントを利用する程度であれば、最初から音質について期待はしていない方がほとんどでしょうから、まぁこれで良いのでしょう。

L – R(左右)が分からない

このイヤホン、耳に入れる部分をみても、左右(L R)の表示がありません。

形状が左右対象なので、「そんなことは気にするな」ということなのでしょうか。

しかし、気になるので、調べてみました。

イヤホンに突起がある方がR(右側)? [記事修正]

最近は、YouTubeにステレオや5.1ch確認用の動画がたくさんアップロードされているので、それらを使ってイヤホンの左右を調べてみました。

結果は、イヤホンに突起が出ている側が R(右側)でした。
成型時のバリのようにも見える突起ではありますが。

記事修正(2017/12/02)
当初、突起がある方が右側と書きましたが、別の搭乗便でイヤホンを受け取ったら突起がありませんでした。

どうやら、成形時のバリだったようです。

そのため、やはりイヤホンの左右は判別できません。

 今回の切り替えの理由は?

従来のヘッドフォンタイプかつ全席に配置から、イヤホンタイプかつ搭乗時に受け取りに変わったのは、コストダウンと機内清掃の簡略化のためだと思います。

従来のヘッドフォンタイプは、綺麗に消毒して再び機内で利用していましたが、イヤホンタイプは持ち帰りOKにしていることからも使い捨て。

正直、かなり安く作ってある感じのイヤホンなので、1つの単価はヘッドフォンより安いでしょう。多分、1つ数十円。

また、搭乗時に受け取るスタイルにしたことで、使用する絶対数も減るでしょう。

トータルとして、コストダウンと、機内清掃の簡略化が見込めます。

音質を気にして、機内で自分のスマホなどの音楽を聴きたい人は、もともとヘッドフォンやイヤホンを持ち込んでいるのではないでしょうか。

国際線には、ノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンも

ANAでもJALでも、国際線のプレミアムエコノミー以上に乗ると、ノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンが準備されています。

これを使うと、飛行機のエンジン音がかなり軽減されて快適です。
(当然ながら、このノイズキャンセル機能付きヘッドフォンは持ち帰りできません。)

私はまだこのノイズキャンセル機能付きヘッドフォンは持っていませんが、国際線に乗った時に使って快適だったので、いつか欲しいと思っています。

ANA国内線 イヤホンまとめ

  • 2017年秋からANAでは、機内のイヤホンが持ち帰り可能になりました。
  • イヤホンは、搭乗時に受け取ります。
  • 搭乗時に受け取り忘れても、CAさんに言えば持ってきてもらえます。
  • 音質は、期待しない方が良いでしょう。
  • イヤホンの左右は分かりません。
  • 国際線 プレミアムエコノミー以上だと、ノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンが使えます。
  • マイ・ノイズキャンセル機能付きヘッドフォンがあると、空の旅がさらに快適になるでしょう。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
当サイトからの会員登録・申込がおトクなサービスのまとめ
2016年1月から当サイトの運営を始め、これまでに延べ218万超のページビュー(閲覧数)を頂いています。 訪問者が多くなるにつれ、ポイ...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)