ANA公式アプリで、国内線機内Wi-Fiサービスの無料エンターテインメントを利用してみた。

スポンサーリンク
幅広728×90
ANA公式アプリで、国内線機内Wi-Fiサービスのエンターテインメントを利用

ANAの公式アプリ、スマートフォン・タブレットにインストールしていますか?

ANAの公式アプリをインストールしておくと、飛行機の予約だけでなく、機内のエンターテインメントサービスを無料で利用できます。

今回は、そのサービスの内容をご紹介。

ANA公式スマートフォン・タブレットアプリとは?

ANAでは、スマートフォン・タブレット向けに、公式のアプリを無料で公開しています。
iPhoneなどのiOSと、アンドロイド向け、どちらもあります。

このアプリを使うと、特典航空券を含む飛行機の空席の検索や予約、ホテルやレンタカーの予約ができます。マイルの残高なども当然見ることができます。

これら地上で利用できる機能の他、WiFi対応の機材であれば、アプリを使ってニュースや動画を見たり、音楽を聴いたりすることができます。

今回はそのご紹介です。

まだANA公式アプリをインストールしていない方は、以下のリンクからインストールしておきましょう。

iOS版 Android版
iOS版レシポのダウンロード Android版のダウンロード

ANAのWi-Fi サービスとは?

ANAの機内Wi-Fiサービスは、スマートフォン、タブレットなど、無線LANが使える端末で、インターネット接続や各種コンテンツを使うことができるサービスです。

ANA WI-Fiサービスただし、全てのANAの飛行機で使うことができる訳ではありません。

機体の入口や壁面に「ANA Wi-Fi Service」という右のようなステッカーが貼られた機体のみが対象です。

正直なところ、機内のWi-Fiサービスは、ANAよりもJALの方が進んでいるので、ANAも同様のサービスになるように対応機種を増やして、頑張って欲しいものです。

Wi-Fiの有料サービス

このWi-Fiサービスおいて、インターネットの接続サービスは有料で、料金は以下の通りです。

プラン 利用時間 料金 マイル支払い
40分プラン 40分間 550円 550mile
フルフライトプラン 離陸の約5分後から
着陸の約5分前まで
1050円 1050mile

40分プランの場合、インターネットの最初の接続から40分間の利用になります。

支払いはマイルでもできますが、1マイルの価値を考えると、もったいないです。ここではマイルを使わずにとっておきましょう。

フルフライトプランにおいて、「離陸の約5分後から着陸の約5分前まで」とありますが、これはWi-Fiサービスそのものが、離着陸のときには提供されていないためです。

Wi-Fiの無料サービス

「なーんだ、Wi-Fiは有料サービスなのか」と思われた方、ご安心ください。

機内でANAのWi-Fiに接続した画面有料サービスでのインターネット接続は、任意のウェブサイト閲覧や、メールの送受信をしたい場合のサービスといえるでしょう。

機内のニュースやインフォメーション、飛行機の現在の場所を示すマップ、エンターテインメントの利用だけであれば、無料で利用できます。

機内でANA公式アプリを立ち上げ、手順に従ってWi-Fiに接続した画面のうち、画像で赤い線で囲まれた部分が、無料で利用できるサービスです。

どのようなものがあるのが、エンターテインメントを主に見ていきます。
なお、当然ながらこれは機内でWi-Fiを使った限定サービスですので、地上では見ることはできません。

ANA Wi-Fiによるエンターテインメントサービス

機内でANA公式アプリを立ち上げ、手順に従ってWi-Fiに接続したホーム画面で、エンターテインメントを選択すると、次の画面が表示されます。

ANA公式アプリ エンターテインメント

項目としては、以下のものがあります。

  • スカイライブTV
  • ビデオプログラム
  • 電子書籍
  • オーディオプログラム

今回私が接続したのは、タブレットよりも画面が小さいスマートフォンだったので、電子書籍は試しませんでした。

ちなみに現在私は、電子書籍の閲覧には、Yahoo!カーナビの記事を書いた、MediaPadを使っています。

MediaPad T2 7.0 ProでYahoo!カーナビを使ってみた。これは、イイ!
先日、ひかりTVショッピングで買ったHuawei MediaPad T2 7.0 Pro SIMフリーモデルに、Yahoo!カーナビをインス...
この位のサイズがないと、目が疲れてしまい、やはり書籍は厳しいのではないかと思います。年齢のせいもあるでしょうけど。。。

スカイライブTV

スカイライブTVは、機内でテレビ番組が見れるものです。
番組は限定されていますが、このサービス、利用してみて何気に凄いと思いました。

ANAスカイライブTV

これまでも、空港に停まっている飛行機に、録画されたニュース番組などのデータを移して、機内で放映するものはありましたが、タイムラグが数時間ありました。

しかしこのスカイライブTVは、地上の番組をほぼリアルタイムに機内で見ることができるからです。

ニュースも、野球中継も、ほぼリアルタイムです。
ANAスカイライブTVの例

「野球中継やサッカーを見たいけど、飛行機に乗るから現地に到着するまで見れない」という方にとって良いのではないでしょうか。

映像の動きはスムーズでした。

過去の日経新聞で、このスカイライブTVについて書かれていますが、やはり高い技術だったようです。

 全日本空輸(ANA)が機内エンターテインメントの世界を一変させようとしている。2015年5月に就航した国際線用のボーイング「787-9型」機で、国内航空会社として初となるテレビ放送の視聴サービスを開

ビデオプログラム

ビデオプログラムは、月替わりでいくつかの番組を見ることができます。

子供向けの番組から、大人向けの番組までたくさんあるので、きっと気になる番組もあるのではないでしょうか。

ANAビデオプログラムの例

私が搭乗したときは、ご覧のようにモヤモヤさま~ず、探偵!ナイトスクープ、吉田類の酒場放浪記の他、 勇者ヨシヒコ、 ナショナルジオグラフィック、ドラえもん、トムとジェリー 、IS JAPAN COOL?など。

なお、動画は、一時停止や任意の位置からの再生ができます、

ちなみに、私は探偵!ナイトスクープを見ていました(笑)
「小鳥に惚れられたおじさん」、「爆笑!小ネタ集」、「自作の巨大戦艦」の回で、調べてみたら2016年3月4日に放送された内容でした。

こちらはリアルタイムではなく、1年以上前の番組です。

探偵!ナイトスクープが終わる前に目的地に到着してしまい、続きを見ることができないため、残念な気分になってしまいましたが・・・。

月ごとの番組内容については、ANAのWiFiサービスの案内ページに掲載されています。

【ANA公式サイト】ANA Wi-Fi サービスのご案内 国内航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。いろいろ選べるANAのおトクな運賃をご用意しています。

オーディオプログラム

オーディオプログラムは、ジャンル別に分かれているため、好みのジャンルを聞くことができます。

ANA Wi-Fiオーディオプログラム

このWi-Fiサービスを利用せず、機内に置かれているヘッドフォンを座席に差し込むだけで音楽が聴けるサービスも昔からありますが、こちらの方が曲数が多いです。

月ごとの番組内容については、先のビデオプログラムと同様、ANAのWiFiサービスの案内ページに掲載されています。

なお、上記のサービス全てにおいて、機内のアナウンス中はスマホの画面に「アナウンス中」という表示が出て止まります。
最初は驚くと思いますのでご注意ください。

ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しくなった

ANA公式アプリで、国内線機内Wi-Fiサービスのエンターテインメントを利用してみて、便利で時間つぶしには良いと思いました。

基本的に私は「窓側派」ですが、窓側席が取れなかった場合、取れたとしても夜間の飛行で景色が楽しめない場合に良いのではないでしょうか。

ANAグループ機内誌 「翼の王国」を読むとしても、行きの便で読んでしまったり、月に複数回搭乗する場合には、2度、3度読むことは少ないでしょうし。

エンターテインメントサービスで動画や音楽をゆっくり楽しむため、ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しくなりました。

ノイズキャンセリングのイヤホン・ヘッドホン人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています
機内に備え付けのヘッドフォンでは、外部の音が入ってきてしまうからです。

ノイズキャンセリングヘッドホンでなく、密閉型のヘッドフォンでも良くなるとは思いますが。

今後はテレビを廃止、Wi-Fiでのサービス提供への流れか

2017年1月、アメリカのアメリカン航空が、新たに導入する機種に機内エンターテインメント用のモニター画面を装備しないと発表しました。

これは、ほとんどの乗客がスマートフォンやタブレットを持ち込むようになったためで、今後はWi-Fiを通じてサービスを提供するそうです。今回のANAのWi-Fiによるサービスと似ています。

そもそもANAの国内線の機種には各座席にテレビは付いていませんが、航空会社の初期費用投資の面からも、搭乗客の利用状況を考えても、Wi-Fiでのサービス提供の流れが加速するのでしょうね。

座席にテレビがなくても、スマホやタブレットを持っていない搭乗客には、タブレット貸し出しで済む訳ですし。

あとは、各座席にUSB電源があると助かるのですが・・・。

ANA公式アプリの国内線機内Wi-Fiサービス まとめ

ANA公式アプリを使った、国内線機内Wi-Fiサービスは、無料サービスだけでも十分に楽しめると思います。

地上では、航空券の予約などを行うアプリとして、機内では現地に着くまでのリラックスタイムのためのアプリとして、ANA陸マイラーは必ずインストールしておきたいアプリでしょう。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
特典航空券を使って旅行するときにやるべきこと、予約スケジュールリスト[国内線編]
陸マイラー活動が実って特典航空券を発券するとき、特典航空券の予約は当然ながら、ホテル・旅館などの宿泊施設、レンタカー、空港の駐車場などを手配...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)