アメックス退会して、再びアメックス。今回はプラチナ。プライオリティ・パスも発行可

スポンサーリンク
幅広728×90
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

今月、アメックスグリーンを解約しましたが、思いがけず再びアメックスに入会することに。

今回は、ゴールドを飛ばしてプラチナ。
といっても、年会費の安いMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードです。

3月に解約した、アメックスグリーンカード

昨年4月に入会し、15,000マイルを獲得したアメックスグリーンカード。

翌年の年会費がかかる前に、今月解約しました。

15,000マイル獲得した、アメリカン・エキスプレス(アメックス) グリーンを解約しました。
約1年前に入会し、15,000マイルを獲得した、アメリカン・エキスプレス(アメックス) グリーンを、翌年年会費がかかる前に解約しました。 ...

「カードが1枚減ってスッキリした」と思っていましたが、思っていなかった形から再びアメックスを持つことに。

本日、カードが届きました。

届いたのは、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードとは?

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードは、三菱UFJニコスが発行している、プラチナカードです。

これまで、多くのクレジットカードを発行してきましたが、黒いカードフェイスがカッコいいと思います。

「MUFG」が付かない、本家のアメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、年会費が130,000円(税別)と非常に高いです。ちなみに、ゴールドでも29,000円(税別)

これに対して、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードは、年会費 20,000円(税別)です。家族会員は1名まで無料。

本家と比べると、大幅に安いですね。

と、いっても2万円(税別)ですが。金銭感覚が鈍ってきます。

プライオリティ・パス 発行可能

陸マイラー向けの内容として、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードでは、プライオリティ・パスの発行が可能です。

プライオリティ・パスとは、日本だけでなく世界中の空港ラウンジが使えるようになるカードです。

プライオリティ・パスは、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。

プライオリティパスに普通に入会した場合、年会費と1回当たりの利用料金は以下の通りです。

会員種別 年会費 利用料金/回 同伴者 料金/回
スタンダード 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス 249ドル 10回まで無料。
その後 27ドル/回
27ドル
プレステージ 399ドル 無料 27ドル

スタンダード会員だと、年会費として99ドル払って、さらに利用する度に27ドルかかります。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードは、プレステージに該当するので、利用料はかかりません。
2万円(税別)のカード年会費で、4万円以上するプライオリティパスを使える形です。

同伴者は27ドルですが、同伴者が家族の場合、家族にもプライオリティパスを発行してもらうことで、2名が無料で利用できます。

ただ、単にプライオリティパスを実質的に安く欲しいのであれば、楽天プレミアムカードに入会すれば、年会費10,800円(税込)で済むので、こちらの方が安いです。

私のプライオリティ・パスの問題は、「現時点で海外に行く予定が無い」ということでしょうか。

マイルはたくさんあり、私自身は休みを取ろうと思えば取れるものの、子供の学校を休ませてまで行かせることには「?」です。幼稚園くらいの年齢だったら、休ませますが。

プラチナ・グルメセレクション

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードには、「プラチナ・グルメセレクション」というサービスがあります。

これは、全国約200店舗のレストランおすすめコース料理を2名以上で利用すると、1名分のコース料理代が無料になるというもの。実質的に、最大50%引きということです。

この特典は年に2回使えます。

家族の誕生日や、ちょっとした記念日に使えそうなサービスです。

ポイントサイトの案件は?

現在、ポイントサイトにおける、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの発行案件は、最高で10,000円相当のポイント還元です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの年会費は、20,000円(税別)ですので、10,000円相当のポイントでは、年会費との差額分だけ持ち出しになってしまいます。




今回のカードに入会するきっかけ

ポイントサイト経由では、あまりおトク感の無いMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードですが、入会の申し込みを書いたのは、三菱東京UFJ銀行の窓口でした。

三菱東京UFJ銀行の特別なお客様へ住宅ローンの関係で三菱東京UFJ銀行に行って、口座を開設し終わったとき、窓口のお姉さんから、「クレジットカードを作りませんか?という提案が。

なお、クレジットカードを作ったからといって、住宅ローンの金利優遇がある訳ではありません。
(既に口座開設の時点で、融資条件は決まっていましたし)

窓口のお姉さんからもらったチラシには、「三菱東京UFJ銀行の特別なお客さまへ」と掲げられており、「初年度年会費無料」と書かれています。

今回の場合、ポイントサイト経由で、約1万円を実費で持ち出しするより、初年度年会費無料の方がメリットが大きいです。

「この間、アメックス解約したばかりなんですよ。入会大丈夫ですかね?」と窓口の方に伝えましたが、「大丈夫だと思いますよ」とのこと。

また、「初年度に解約してしまっても良いのでしょうか」とお聞きすると、「そういう方は多いです」という返事。

久しぶりに手書きで入会申込書を書いて、カードを申し込みました。
(ポイントサイト経由のクレジットカード発行は、オンラインで申し込むことがほとんど)

申し込みから、約2週間後、無事にカードが届きました。

このカード、何に使おうか

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの還元率は0.5%。
クレジットカードとしては一般的なものです。

アニバーサリーポイントというサービスで、指定した月はポイント2倍になります。

年間利用額100万円を超えると、最大還元率が1.35%になりますが、それだったら、年会費実質無料のエクストリームカードと変わりませんね。

貯めたポイントはマイルにも交換できますが、参加年会費と移行手数料、合わせて1万円程度かかるようなので、マイルを貯めるカードとしても不向きです。
正直、普段使いのカードとしては、還元率を考えると不効率に見えます。

プライオリティ・パスがなくても、国内の空港ラウンジが使えますので、空港に行くときは持っていくでしょう。

また、プラチナ・グルメセレクションは、ちょっと贅沢に食事したいときに使ってみたいと思います。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
マイルを貯めるのは、意外と簡単!?
実際に飛行機に乗ったり、クレジットカードを全力で使わなくても、マイルって簡単に貯まるんだ!と気がついてから、ANAマイラーになることを決意す...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)