飛行機から富士山が見える座席はどちら側?まとめてみた。

飛行機から富士山は、右側・左側どちらの座席で見れるか

羽田・成田から西日本に向かう場合、あるいは西日本から関東に向かう場合、窓際の席に座っていると、航路によっては富士山が見えます。

右側、左側、どっち側の座席を選べば良いのか、ANA・JAL別にまとめてみました。

スポンサーリンク
レグタングル大336
【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。
当サイト限定で、通常入会ボーナス30円分のところ、500円分のポイントがもらえます。チャンスは、12月31日まで!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。
陸マイラーが年会費33,480円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込33,480円...

飛行機の搭乗は、富士山を上から見られるチャンス

新幹線や東名高速や中央道からその雄大な姿が見える富士山。
静岡県側・山梨県側、見る場所によって姿が変わるのも印象的です。

飛行機から見下ろす富士山は、地上からの三角形の姿とは違い、円錐形の形を見られます。

ちなみに次の写真は、地上で貯めたマイルで特典航空券を発行し、羽田から宮崎県に向かう機内(右側の座席)から撮影したものです。

飛行機からの富士山

後に述べる航空路で言うと、Y50かY56だと思います。

この日、富士山の麓からは、「雲で富士山が見えないなぁ」という状況だったかも知れません。しかし、雲よりも、そして3,776mの富士山よりも高い場所の飛行機からはその大きな姿を見ることができました。

なぜ、いくつになっても富士山が見えるとテンションが上がってしまうのか分かりません。
日本人のみならず、来日されている外国人観光客にとっても、富士山は特別なものだと思います。

では、飛行機に搭乗する際、右側、左側、どちらの座席を予約すれば富士山が見られるのでしょうか?

調べてまとめてみました。

なお、ご紹介させて頂くのは、標準の飛行ルートです。

天候や混雑状況により、富士山を見られる座席が変わる可能性があることを、あらかじめご了承ください。

飛行機が通るルート、航空路(航路)とは

「自由に空を飛びたい」と言われたとき、ドラえもんはタケコプターを出してくれて好きに飛べますが、実際の飛行機では自由勝手に好きな場所を飛べる訳ではありません。

飛行機は、航空路(航路)と呼ばれる、あらかじめ決まった空の道を飛ぶ必要があるからです。

航空路は、一般的な地図を見ても載っていません。
インターネットでは、以下のskyvector.comのサイトで航空路を示した航空図を見ることができます。

Make your Flight Plan at SkyVector.com. SkyVector is a free online flight planner. Flight planning is easy on our large collection of Aeronautical Charts, inclu...

このサイトから、富士山付近の航空路を抜粋し、航路の概要などを追加したものが以下になります。

富士山周辺の航空路マップ

ご覧のように富士山周辺の空路には、北から順にY884、Y16、Y18、Y20、Y28、Y50、Y56、Y58などがあります。

羽田・成田から出発してY884~Y20までの航空路を飛ぶ場合、富士山は左側に見えます。

Y28は、富士山の真上を通る航空路のため、客席から富士山が見えません。
東京タワーや東京スカイツリーにあるように、床面がガラスであれば見えるのですが・・・(笑)
運転席からは正面に雄大な富士山が見えるのでしょうね。パイロットにのみ与えられたメリットですね。

羽田・成田から出発してY50~Y58の航空路を飛ぶ場合、富士山の南側を飛ぶため、右側の座席から見えます。

富士山が見える座席 早見表

先の航空路の地図では、ざっくりとしたご案内になっていますので、もう少し掘り下げて一覧表にしてみます。

同じ空港発着でも、ANAとJALで航路が異なり、見られる座席が違うケースがありますので、分けて掲載します。

羽田・成田空港から西に向かう場合 [ANA版]

羽田空港・成田空港から出発して、西に向かう場合に富士山がどちらの座席から見られるかを示した表です(ANA版)。ANAオフィシャルサイトの、「空から見える景色」を参考に作成しています。
なお、羽田空港から出発した場合、離陸後10~15分程度で富士山が見えます。

ANA(全日本空輸)の場合 [行先空港別]
← 左側 右側 →
岩国、大分、岡山 石垣、伊丹(大阪)、沖縄(那覇)羽田発
北九州、熊本、神戸、小松 鹿児島、関西(大阪)、高知
佐賀
高松、富山、鳥取 徳島
長崎、名古屋(中部)羽田発、能登 名古屋(中部)成田発
萩・石見、広島、福岡
松山 宮古、宮崎
山口宇部、米子

なお、那覇(沖縄)行きは、羽田発だと右側の座席で見えますが、成田発の場合には航路が違うために富士山そのものが見えないようです。

名古屋空港(中部)行きは、羽田発と成田発で見られる座席が異なっています。

羽田・成田空港から西に向かう場合 [JAL版]

以下の表は、JALオフィシャルサイトの、「富士山どっち?」を参考にして作成しています。

JAL(日本航空)の場合 [行先空港別]
← 左側 右側 → 見えない
出雲 奄美大島、石垣、伊丹(大阪)
沖縄(那覇)
大分、岡山
小松 鹿児島、関西(大阪)、高知 北九州、熊本
徳島 高松
長崎、名古屋(中部)羽田発 名古屋(中部)成田発、南紀白浜
広島、福岡
宮古、宮崎 松山
山口宇部

JALの場合、富士山の真上を通る航空路を使う路線があり、その路線を使う場合には、右側からも左側からも富士山が見えません。

また、ANAと同様に名古屋空港(中部)行きは、羽田発と成田発で見られる座席が異なっています。



西から羽田・成田空港に向かう場合 [ANA版]

西から、羽田・成田空港に向かう場合、基本的に富士山は左側に見えます。

ただし、西から羽田・成田空港に向かう航路(Y71、Y23、Y21など)は、太平洋の上に位置しているため、富士山が見えたとしても距離が離れています。

写真は、伊豆半島の南側を通る航路から富士山が見える様子ですが、遠い場所に富士山が見えます。

西から羽田に向かう航路から富士山を見た様子

以下の表は、ANAオフィシャルサイトの、「空から見える景色」を参考に作成しています。

ANA(全日本空輸)の場合 [出発空港別]
← 左側 右側 見えない
伊丹(大阪)、岩国、大分
岡山、石垣、沖縄(那覇)羽田行
沖縄(那覇)成田行
関西(大阪)、北九州、熊本
小松成田行、羽田行、神戸、高知
鹿児島、小松羽田行
佐賀
高松、鳥取、徳島 富山
長崎 名古屋(中部)、能登
萩・石見、広島、福岡
松山、宮古 宮崎
山口宇部、米子

西から羽田空港・成田空港に向かう場合、富士山の南側のルートを通るため、ご覧のように富士山が見える座席は全て左側になります。

また、羽田空港・成田空港から西に向かう場合と異なり、富士山が見えない路線が存在します。

西から羽田・成田空港に向かう場合 [JAL版]

以下の表は、JALオフィシャルサイトの、「富士山どっち?」を参考にして作成しています。

JAL(日本航空)の場合 [出発空港別]
← 左側 右側 見えない
奄美大島、石垣、出雲、伊丹(大阪)、大分、岡山
鹿児島、関西(大阪)、北九州、熊本、高知、小松、
高松、徳島
長崎、名古屋(中部)、南紀白浜
広島、福岡
宮古、宮崎、松山
山口宇部

ANAと同様にJALにおいても、西から羽田空港・成田空港に向かう場合、富士山の南側のルートを通るため、ご覧のように富士山が見える座席は全て左側になります。

その他の路線を含め、オフィシャルサイトでご確認を

このエントリーでは、羽田・成田発着路線のみ掲載しています。
この他、羽田・成田空港発着以外の路線でも、富士山が見える路線があります。

それらの路線での確認および、最終的な確認は以下の各航空会社のオフィシャルサイトをご利用下さい。

特にJALの場合、「富士山どっち?」という、まさに富士山に特化したコンテンツが準備されています。

【ANA公式サイト】空から見える景色のご案内国内航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。いろいろ選べるANAのおトクな運賃をご用意しています。
JALの機窓から、富士山がどちら側に見えるかをご案内いたします。 #富士山どっち?#富士山

陸マイラーのすすめ

検索で当サイトを訪問された方へ。

この記事に使った富士山の写真は、宮崎県に行ったときに撮ったものですが、飛行機代はゼロ!でした。

地上でマイルを貯め、特典航空券に交換して宮崎県に行ったからです。

宮崎行きに限らず、貯めたマイルを特典航空券と交換してこれまでに行った、沖縄県、高知県、香川県など西行きの飛行機に乗る時は、もちろん富士山が見える側の座席を指定して乗っています。

「でも、クレジットカードの利用くらいじゃ、なかなかマイルは貯まらないよな」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

このブログでは、ポイントサイトなどを使った、効率の良いマイルの貯め方を紹介しています。
1年間あれば、家族で国内旅行に行けるくらいのマイルは簡単に貯まりますよ。海外旅行も無理ではありません。

地上でマイルを貯めるために必要なアカウントや、クレジットカードについては以下のページに詳しくまとめています。

ANA陸マイラー活動に欠かせないクレジットカード、アカウントと交換ルートのまとめ
地上で航空会社のマイルを貯める、陸マイラー。 できるだけ多くのマイルを貯めるためには、絶対に必要なクレジットカードやポイントサイトがあ...

この他、陸マイラー活動にご興味のある方は、以下の関連項目の各ページをご覧下さいませ!

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページにつ...
ポイントサイトって、何だろう?新しい広告の形
ポイントサイトを、知らない方もいらっしゃると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。 ネット...
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)

コメント

  1. 匿名 より:

    有益な情報ありがとうございます。
    今後の旅行に役立てます。