気になる、ANA X(エーエヌエー・エックス)株式会社 設立のニュース

スポンサーリンク
幅広728×90
ANA X (エーエヌエー・エックス)株式会社

昨日、ANAグループの顧客関連事業を担う新会社「ANA X(エーエヌエー・エックス)株式会社」が設立されたことが発表されました。

ANA Xは、ANAの会員プログラム「ANAマイレージクラブ」を中心とした顧客関連事業をANAより受託すると同時に、新たな事業展開を手掛ける会社です。

今後のマイラー活動に、どのような影響があるのか、今後の動向にチェックが必要です。

ANA X(エーエヌエー・エックス)株式会社

2016年10月31日に、ANAホールディングスのニュースリリースとして、ANA X株式会社の設立が発表されました。

ANA Xは、「アナックス」と読んでしまいそうですが、ANAでは自らのことをアナとは呼ばないので、「エーエヌエー・エックス」です。

Xというと、先月下旬に発表された、旅割X が思い浮かびます。
ANAの中で、Xを流行らせたいのでしょうか。

新会社の概要は以下の通りです。

商号(英名)
ANA X 株式会社(ANA X Inc.)
設立日
2016年10月21日
本店所在地
東京都港区東新橋 1-5-2 汐留シティセンター
資本金
2,500万円
株主
ANA ホールディングス(85%)、全日空商事(15%)
代表者
稲田 剛(代表取締役社長就任予定)
事業内容
顧客関連事業の推進
「ANAマイレージクラブ」企画・運営、新規事業開発、提携先開拓、等
営業開始
2016年12月1日(予定)

主要株主は、ANAホールディングスです。
ANAホールディングスのグループ企業は、以下ページから分かるように、たくさんあります。

今回は、ANAのマイルを手掛ける部署が、専門の一法人になるということです。

マイラーの方が気になるのは、やはり事業内容ですね。

今後、私たちにとって、良い方向になるのか、それとも改悪になるのかとても気になります。

代表者予定の、稲田 剛氏とは?

ANA X(株)の代表取締役に予定されている、稲田 剛氏とはどんな方なのでしょうか。

お名前でググってみるとすぐに出てきました。
宣伝会議のウェブサイトです。

日常生活での接点の多さが、ブランドに対する親近感醸成につながることから、 SNSも取り入れ、様々な企画で顧客と接点を作る取り組みを進めるANAの目指す顧客コミュニケーションの形とは?

上記ウェブサイトの紹介では、

1989年、ANA(全日本空輸)入社。

生産本部・販売計画部・宣伝部を経て2012年よりマーケティング室ロイヤリティマーケティング部 部長としてANAマイレージクラブ・ANAカード・AMCコマースサイトの企画・開発・運営、他の航空会社・会員組織・企業との提携を統括。

とありました。

2015年にも、同じく宣伝会議で記事になっています。

全日本空輸(ANA)は、業界初となるマイレージプログラムのリニューアルに踏み切った。クレジットカードや他社とのアライアンスを組み合わせ、一過性に終わらない顧客価値の提供に取り組む。ロイヤリティマーケティング部長の稲田剛氏とアイ・エム・ジェイ(IMJ)取締役COOの加藤圭介氏に聞いた。

その後、今年2016年4月1日付けの人事異動で、

マーケティング室ロイヤリティマーケティング部長 兼 マーケティング室マーケティング事業会社準備室長 になっています。

全日空(NH)が2016年4月1日付けの組織改正と管理職者の人事異動を発表。業務プロセス改革室直下に「デジタルデザインラボ」を新設。新技術やICTの活用を通じて、航空運送分野の商品・サービス、業務プロセスの革新を推進。

準備室が設けられていたマーケティング事業会社とは、まさしく今回の ANA X(株)なのでしょう。

先月下旬の、スルガ銀行ANA支店のリアル店舗オープンの時にも参加されています。

 スルガ銀行とANA(全日本空輸)は10月21日、東京・日本橋のスルガ銀行スルガビル2階に、「旅」と「金融」をコンセプトとした「スルガ銀行ANA支店 Financial Center」をオープンした。

このように、稲田 剛氏はANAマイレージクラブに長年関わられているようです。

宣伝会議での顧客視点の記事を見ても、なるほどと思うところがいくつもありました。

ANAマイレージクラブに関わりが無い、利益最優先の外部から招いた経営者ではなく、ANAマイレージクラブに長年関わられた方なので、その点では少し安心しました。

今後のANA Xの動向をチェック

今回の、ANA X(株)の設立で、ANAマイレージクラブの業務が本体から、専門の会社に移ることになりました。

マイレージクラブの活動に関する業務が、ひとつの株式会社の専門業務となることで、一企業としての採算性も求められてくるのではないかと思います。

その結果、地上でのマイル活動も含めて、マイラーにとって「改悪」になるサービスが出てくる可能性もあると思います。

例えば、考えられるのは以下のようなものです。

  • ソラチカルートの交換率の改悪
  • 特典航空券と交換できるマイル数の増加
  • SFC制度の変更
  • 特典航空券の座席枠の減少
  • Skyコインへの交換率の改悪

しかし、JALという大きなライバルがいることから、大きく改悪したら、マイラー活動をJALに移す方もみえるかも知れません。

私自身、交換率がJALと同じ程度になったら、特典航空券を取りやすいJALに主軸を移すかもしれません。そのような事になったときのことを考えると、ドメインにANAを入れてしまったのは失敗でした(笑)

陸マイラーにとって、今後のANA Xの動向はチェックが必要になりそうです。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...
PONEY(ポニー)、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「PONEY」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラ...
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...
ポイントタウン、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ポイントタウン」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けに...
ちょびリッチ、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ちょびリッチ」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイ...
Gポイント、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「Gポイント」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けにまと...
ファンくる(fancrew)、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイトファンくる (fancrew)のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなど...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マイレージ

フォローする