ハピタス経由で、ミツウロコ電気に切り替えて、20,000円分のポイント獲得

ハピタス経由で、ミツウロコ電気に切り替えて、20,000円分のポイント獲得 コラム

ハピタス経由で、電力会社をミツウロコ電気に切り替えて、20,000円相当のポイントを獲得しました。

電気の切替はインターネットだけで完結し、想像以上に簡単でした。

電気の小売り全面自由化。2016年4月~

従来電気は、全国の地域ごとに供給会社が決まっていました。

しかし、2016年4月以降は、電気の小売りが全面自由化され、好きな電力会社を選べるようになりました。

つまり、東京都の方は従来、東京電力しか選べなかったものが、その他の電力供給会社が選べるようになったのです。

お金を貯めるための、固定費の削減

お金を貯めるためには、極論すると

  1. お金を多く稼ぐ
  2. 支出をできるだけ減らす

の2つしかありません。

通信費や電気代など固定費の削減は、切り替えや比較に手間がかかりますが、一度変えてしまえば継続的に支出を減らせます。

社会保険料や税金のことを考えると、7,000円の固定費削減は、10,000円の収入増と同じ程度です。
電力会社の切替は固定費削減に有効なことが多いので、今回切り替えることにしました。

ミツウロコでんきに切り替え

今回、私が電力の切替対象にしたのは、ミツウロコでんきです。

ミツウロコでんきは、東京都をはじめとする首都圏9都県市が主体となり、自然エネルギーから作られる電気を安く共同購入する「みい電」というサービスで知りました。

blank
みい電(みんなでいっしょに自然の電気)で電気代が安くなるが、ハピタス経由の方が・・・。
東京都をはじめとする首都圏9都県市が主体となり、自然エネルギーから作られる電気を安く共同購入する「みい電」というサービスがあります。 オークションの結果、...

切り替えた理由は以下の2つです。

  • 電気代が、東京電力よりも安い
  • ハピタス経由で切り替えると、20,000円相当のポイントがもらえる

電気代が東京電力よりも安い

一般的な契約となる、従量電灯Bにおいて、1KWhの単価を、東京電力と比べると以下の通りです。

電力使用量の区分 東京電力 ミツウロコでんき
最初の120kWhまで 19.88 21.83
120超~300kWhまで 26.48 23.05
300kWh超過分 30.57 25.71

なお、基本料金は東京電力もミツウロコでんきも同じ。

グラフにすると、以下のようになります。(基本料金は含まず、電力量料金のみ)

東京電力とミツウロコでんきの比較

最初の120kWhまでは、東京電力の方が安い。
しかし、170kWhを超えた辺りから、ミツウロコでんきの方が安くなります。

我が家の場合、昨年の電気使用量を見ると、最も少ない月で182kWh、最も多い月で416kWhなので、どの月でもミツウロコでんきの方が安くなります。

ざっくりと計算して、ミツウロコでんきの方が、年間 5,000~6,000円くらい電気代が安くなる感じです。

ハピタス経由で切り替えて、20,000円相当のポイント

今回は、この理由も大きいです。

電気代が安くなることに加えて、飛行機のマイルにも交換できる、ハピタスのポイントが、20,000円分ももらえることです。

ハピタス経由で切り替えて、20,000円相当のポイント

記事執筆時点では、ハピタスのポイントは14,000円に下がっていました。タイミングは重要です。

ハピタスについての詳細はこちら。

blank
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー向けにまとめました。...

 

切替は簡単。ウェブで完結。

電力会社の切替は、思っていたよりもずっと簡単。
手で署名を書いたり、捺印をする必要もなし。ウェブで完結し、拍子抜けするくらいでした。

ハピタスにログイン後、ミツウロコでんきの広告から、ミツウロコでんきのホームページ(ウェブサイト)に移動します。

その後、手元の東京電力の料金明細書に書かれている地点番号などを入れるだけ。メーターの取り換えや、工事もありませんでした。

申込から、ポイントが入るまでの時期的なものは以下の通り。

  • 4月下旬にウェブから申し込み
  • 5月上旬、GW明けに電気の切替(停電など何もなし)
  • 6月上旬、ハピタスに20,000円分のポイントが入る

6月上旬、ハピタスに20,000円分のポイントが入る

電気代として固定費が下がるのは嬉しいですが、マイルにも交換できるハピタスのポイントが入るのが嬉しいです。

切替先の電力会社には注意が必要なところも

今回私は、電力会社の切替先に、ミツウロコでんきを選びました。
ミツウロコでんきは、東証一部上場のミツウロコグループで自前の発電所も持っています。

しかし、新電力と呼ばれる新たな電力会社には、自前の発電所を持たず、電気を右から左に流すだけの会社もあります。

新電力と呼ばれる会社の中で、市場連動型プランと呼ばれる契約では、2020年12月~2021年1月頃、市場調達している電気代が大幅に高くなったところもありました。

このうち56社が、経済産業省に対して「卸電力市場の取引価格の長期高騰に対する対応要望」を出したほどです。

その56社は以下の通り。

  • アスエネ(株)
  • (株)アメニティ電力
  • アンビット・エナジー・ジャパン合同会社
  • (株)イーエムアイ
  • 飯田まちづくり電力(株)
  • (株)いちたかガスワン
  • 岩手電力(株)
  • エネックス(株)
  • (株)エネファント
  • エフビットコミュニケーションズ(株)
  • 加賀市総合サービス(株)
  • 香川電力(株)
  • 格安電力(株)
  • 葛尾創生電力(株)
  • 岐阜電力(株)
  • グリーナ(株)
  • グリーンピープルズパワー(株)
  • グローバルソリューションサービス(株)
  • (株)コープでんき東北
  • (株) サイサン
  • 自然電力(株)
  • 信州電力(株)
  • (株)翠光トップライン
  • 須賀川瓦斯(株)
  • (株)スマートテック
  • たんたんエナジー(株)
  • (株)地域電力
  • (株)地球クラブ
  • 秩父新電力(株)
  • (株)中海テレビ放送
  • 銚子電力(株)
  • デジタルグリッド(株)
  • (株)とっとり市民電力
  • (株)登米電力
  • 富山電力(株)
  • (株)ナンワエナジー
  • (株)能勢・豊能まちづくり
  • パワーネクスト(株)
  • 一般社団法人東松島みらいとし機構
  • (株)坊っちゃん電力
  • (株)マルヰ
  • 宮崎電力(株)
  • みんな電力(株)
  • (株)やまがた新電力
  • UNIVERGY (株)
  • 四つ葉電力(株)
  • (株)リケン工業
  • (株)リミックスポイント
  • (株)Looop
  • ローカルエナジー(株)
  • 他6社

これらの会社は、電力高騰で資金繰りが悪くなっているところも多いでしょうから、私なら選ばないです。

 

切り替えて満足していたが・・・。

電力会社を切り替え、ハピタスからの20,000円分のポイントも入って満足していた6月。

新たなニュースが衝撃でした。

それは、UQでんきと、ここを契約することで電話代が安くなる、UQでんき割。
このUQでんき割は、UQモバイルで契約している人にとって、かなりお得です。

ミツウロコでんきは、再び別の電力会社に切り替えても、違約金はありません。
しかし、ハピタスでの注意点を読むと、原則1年間の契約とあります。

ハピタスではこれまで多くのポイントを稼いでいますので、1年経ったらUQでんきを加えた他のプランを検討したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました