新幹線の乗車でANAマイルを貯めるための、ベストの方法は

スポンサーリンク
幅広728×90
新幹線の乗車でマイルを貯める

本州内での出張の移動方法としては、飛行機よりも新幹線の方が一般的だと思います。
ANAマイラーとしては、飛行機に乗りたいところですが、新幹線の乗車でどのようにマイルを貯められるのか考えてみました。

どんどん延びる新幹線と、減便する空路

2015年に金沢、2016年に新函館北斗まで延びた新幹線。

特に金沢・富山の北陸新幹線については、東京~金沢が最速の「かがやき」で2時間半足らず、富山に至っては2時間8分と、とても近くなりました。

北陸新幹線の開業に伴い、これまで東京から北陸地方への移動手段だった空路は、小松空港も富山空港も、減便になりました。

小松空港は、石川県だけでなく福井県の方が使うことと自衛隊の基地があることから、不便にはなっても生き残るのでしょう

問題は富山空港。
富山駅から空港までが近いのはメリットですが、小松空港と違い、近隣県の利用はあまり見込めません。さらに、新幹線では東京から2時間8分という近さ。

空港名に、「きときと(富山弁で「新鮮」)」なんて付けている場合ではありません。

移動時間そのものが短いことに加え、便数も多くて目的地の主要駅にそのまま着くことができる新幹線は、大きなライバルです。

陸マイラーとして、新幹線でいかにマイルを貯めるか

新幹線が延びたことにより、飛行機での出張が新幹線に置き変わった方は多いのではないでしょうか。

特に首都圏から北陸への出張は、新幹線に置き換わった方が多いと思います。

そこで、新幹線に乗りつつ、ANAのマイルを貯めることを考えてみます。

ポイントサイト経由、シナジーチケットでの購入

ハピタスなどのポイントサイトで「新幹線」と検索すると、シナジーチケットの案件が出てきます。

ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...
記事作成時では、初回の購入で550ハピタスポイント。ソラチカルートでANAマイルに変えると、495マイルになります。

しかし、この方法には、以下のようにいくつか難点があります。

  • 初回のみの案件のため、継続的にポイントはもらえない。
  • 切符は、宅配便での発送。入金確認後、3~4日での到着。
  • 支払いは、銀行振込が原則で、手数料は自己負担。
  • クレジットカード、コンビニ決済では、1,080円もの事務手数料が必要。

個人的には、宅配便での受け取りであることと、高い事務手数料で、事実上カード支払いできないのがNGです。

JRの窓口や、新幹線の切符が買える自動販売機が近くにある方には、残念ながらポイントサイト経由でシナジーチケットを利用するのは、メリットが少ないと思います。

ポイントサイト経由で、宿泊付きのパックツアーでの予約

ポイントサイトによっては、新幹線+宿泊パックの案件に、ポイントが付くものがあります。
その還元率は、だいたい1%前後です。

トータルで考えると、新幹線+宿泊パックは安いのが魅力ですが、新幹線の指定席の時間を変更できないのが難点です。
新幹線は飛行機と異なり本数が多いので、「仕事が早く終わった」ような時、乗車時刻の変更ができないのは残念です。

自由席であれば乗れますが、出発地が京都駅のように、「どう考えても新大阪から下りる人、ほとんど居ないだろう」というような駅で乗る場合には、座れない可能性があります。

私の場合、出発前日に出張先への到着時刻が変わることもあるため、時間変更ができないのはある意味リスクです。

エクスプレス予約などのオンライン予約

新幹線の予約は、東海道新幹線の場合、エクスプレス予約やプラスEXサービスと呼ばれるサービスで、オンライン予約できます。

以前は、エクスプレス予約では使用できるクレジットカードが限られていました。

プラスEXサービスで、使用できるクレジットカードの種類が増えました。

しかし、例えばANAマイルが最大1.35%貯まり、維持費も安いエクストリームカードは使えないようです。また、年会費が540円(税込)かかります。

個人で利用する分には、1回でも新幹線に乗ればこの年会費は回収できてしまうものの、業務で乗る分にはメリットになりません。それどころか、大抵、この年会費は自費になってしまう方が多いのではないでしょうか。

JR東日本管轄の新幹線の場合、「えきねっと」と「モバイルSuica」が利用できます。
モバイルSuicaは年会費1030円(税込)ですが、ビューカードであれば、当分無料になります。

しかし、ANAマイラー必携のソラチカカードは、SuicaではなくPASMOですから、ソラチカカード+エクストリームカードの組み合わせでは年会費が必要です。

ANAマイルが貯まるカードと、JR系のカードはあまり相性が良く無いようです。

以前私は、ビューカードの一つである、ビックカメラSuicaカードを持って、えきねっとを利用していましたが、マイルが貯まる訳ではないので解約してしまいました。

同様に、プラスEXサービスも解約しました。

航空会社は、ANAもJALもクレジットカードはほとんど全て使えますし、マイルを貯める場合でも年会費も不要です。
オンラインの予約に年会費を必要とし、たくさん乗っても無料の新幹線チケットがもらえる訳ではない新幹線。(エクスプレス予約ではグリーン席へのアップグレードはありますが)

新幹線のサービスは、ANA陸マイラーを志してから、どんどん嫌いになっている気がします(笑)

金券ショップで新幹線の切符を購入

金券ショップに行くと、新幹線の回数券がバラ売りされて少し安く販売されています。

金券ショップは薄利多売の商売。
仕入値と販売額が店頭に同時に明記されており、店側の利益額がこれほど明らかな商売も珍しいと思いますが、薄利多売のために現金商売です。

当然ながらクレジットカードは使えないので、ANAマイルをカードの支払いで貯めることはできません。

絶対的な現金の支払額を減らすには金券ショップは魅力ですが、マイルを貯める点では金券ショップは対象になりません。

マイルが出来るだけ貯まるカードを使って、自動販売機などで購入

JR 新幹線自動販売機結局、私が今落ち着いているのがこれです。

東京都内だと、東京・上野・品川のように新幹線が停まる駅以外にも、主要駅では新幹線の切符を自動販売機で購入することが出来ます。

これらの自動販売機は、ほとんど全てのクレジットカードが使えます。
クレジットカード支払い限定の自動販売機もあるくらいです。(しかも大抵、クレジットカード支払いの自動販売機は空いています)

マイルが貯まるクレジットカードで新幹線の切符を支払えば、必然的にマイルが貯まります。

ちなみに、業務が早く終わった場合など、列車や座席の変更を行いたい場合、わざわざ窓口に行かなくても、自動販売機で簡単に出来ます。

宿泊の場合、ANAの@ホテルで予約しては?

東京 ←→ 新大阪の新幹線正規料金は、指定席14450円です。往復で、28,900円。
往復分を全額エクストリームカードで支払った場合、ソラチカカード経由で378ANAマイルになります。

日帰りの場合、これ以上のマイルを貯めるには、より高還元のカード(例えばLINE Payカード)を使う方法が考えられます。

宿泊の場合には、もっとANAマイルを貯められる方法があります。
それが、ANAの@ホテルです。

ANAの@ホテルとは

国内の宿泊というと、楽天トラベルやYahoo!トラベル、じゃらん、日本旅行などのサイトをご利用されている方が多いのではないかと思います。

ホテルなどの宿泊において、ANAでも@ホテルというサービスで予約ができます。

ANAが厳選するホテル/宿の予約ができます。航空券と同時購入もできますが、ホテル単体でもご予約が可能!国内旅行などの旅行情報はANA SKY WEB TOUR。国内ツアー・航空券・国内航空券・ホテル・レンタカーなど情報満載のANAの旅行サイト。

ANAの@ホテルであれば、クレジットカードのポイントに加えて、100円につき1マイルが貯まります。

さらにマイルを貯めたい場合には、「プラスマイル」プランがあるホテルに泊まるのが良いでしょう。

プラスマイルとは、宿泊費 100円につき1マイルの他に、1回の宿泊で300マイル、500マイル、1,000マイルなどがもらえるサービスです。

東京から大阪に出張時、プラスマイルが500マイルのホテルで泊まれば、新幹線の支払いで貯まったマイルよりも多くのマイルをもらえることになります。

ちなみに、500マイルを飛行機の搭乗で貯めるためには、羽田 → 大分間を正規料金で乗る必要があります。

プラスマイル プランがあるホテルの注意点

このマイラーにとって素敵な「プラスマイル」ですが、弱点もあります。

それは、プラスマイルではないプランの宿泊条件よりも、宿泊費が高くなるということです。
その差は数百円の場合もあれば、もっと高い場合もあります。

会社から宿泊費が実費で支給されている方は、プラスマイルプランが規定の金額内であれば特に問題ないと思います。
出張での宿泊費が、定額支給の場合には出張先でのお小遣いがちょこっと減ってしまうかも知れません。

このように、プラスマイルプランがあるホテルで宿泊した場合、差額には注意が必要です。
通常プランとの差額は、マイルを買う「バイ マイル」だと意識して、1マイルをいくらで購入することになるのか、考えると良いでしょう。

新幹線でマイルを貯める、まとめ

  • ポイントサイトの案件で、マイルと交換できるポイントがもらえるものがあります。
  • しかし、それらは、初回案件のみがほとんどです。
  • また、新幹線の切符の受け取り・変更・支払い面の条件が厳しいので、注意しましょう。
  • ポイントサイト経由で、新幹線+宿泊パックを申し込めば、1%前後のマイルが貯まります。
  • ただし、新幹線+宿泊パックでは、指定席の変更はできません。
  • エクスプレス予約などJRのサービスでは、使用できるクレジットカードに制限があります。
  • 結局、高還元率のクレジットカードを使って、自動販売機・みどりの窓口で支払う方法に落ち着いています。
  • 宿泊が伴う出張の場合、ANAの@ホテルを使う方法があります。
  • ANAの@ホテルであれば、クレジットカードのポイントに加えて、100円につき1マイルが貯まります。
  • 「プラスマイル」プランの場合、1回の宿泊で300マイル、500マイル、1,000マイル貯められるケースもあります。
  • プラスマイルプランは、通常プランよりも割高ですので、注意しましょう。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
エクストリームカード ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカードとの2枚持ちで、ANAマイルへの最高還元率が1.35%と絶大な効果を発揮する、エクストリームカード。カードの基本的な情報をAN...
ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...
ソラチカカード ANA陸マイラー向けまとめ
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の年会費、還元率、オートチャージ、ETCカード、メトロポイントなどをまとめました。 ソ...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マイレージ

フォローする