全国ANA・JAL・空港(カード)ラウンジ 国内線一覧マップ【保存版】

全国ANA・JAL・空港(カード)ラウンジ 国内線一覧マップ

日本各地にある空港には、ANAラウンジ、JALラウンジ、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)と呼ばれる、ラウンジが設けられていることがあり、出発までの時間をくつろぎながら過ごすことができます。

これらラウンジがある空港の一覧を、分かりやすく地図にしました。

スポンサーリンク
レグタングル大336
【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。当サイトから、毎月100人以上入会しています!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。Marriott Bonvoyの最新情報も
陸マイラーが年会費34,100円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込34,100円! ...

空港のラウンジは、大きく2種類

空港にあるラウンジには、大きく2種類あります。

1. 航空会社(ANA・JAL)が運営する、航空会社ラウンジ
2. 空港が運営する空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)

それぞれのご案内です。

1. 航空会社(ANA・JAL)が運営する、航空会社ラウンジ

ANA(全日空)、JAL(日本航空)が運営する、航空会社ラウンジの概要と利用条件は以下の通りです。

ANAラウンジ

ANA国内線のラウンジを利用できるのは、以下の条件に当てはまる方です。

  1. ANAプレミアムメンバー
    (ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、ANAスーパーフライヤーズカード)
  2. ANA Million Miler Program「Lounge Access Card」をお持ちの方
  3. 国内線 プレミアムクラスを利用の方
  4. ANAカードプレミアムをお持ちの方
  5. 「スターアライアンス・ゴールド」メンバーの方
  6. 「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券
  7. 有料ラウンジサービス(1回 3,100円。羽田空港のみ)

詳しい利用基準は、ANAのオフィシャルサイトをご覧ください。

ANAでは、ANAラウンジより上位となる、ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)が、以下の5空港に設けられています。

  1. 新千歳空港
  2. 羽田空港
  3. 伊丹空港
  4. 福岡空港
  5. 那覇空港

ANAスイートラウンジは、AMC ダイヤモンドメンバー、あるいは「ANA SUITE LOUNG」ご利用券を所有していないと利用できません。

JALラウンジ(サクララウンジ)

JAL国内線のラウンジ(サクララウンジ)を利用できるのは、以下の条件に当てはまる方です。

  1. JMBダイヤモンド メンバー
  2. JGCプレミア メンバー
  3. JMBサファイア メンバー
  4. JALグローバルクラブ メンバー
  5. JALラウンジクーポン 利用者
  6. 国内線 ファーストクラス利用者

ANAでは、プレミアムクラスで搭乗するとANAラウンジを利用できますが、JALでプレミアムクラスに近い「クラスJ」に搭乗しても、JALのラウンジは利用できません。

羽田発着の4路線にのみある、ファーストクラスであれば、ラウンジの利用が可能です。

なお、JALのラウンジには、サクララウンジの上位となる「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」があります。「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」は、国内の空港のうち

  1. 新千歳空港
  2. 羽田空港
  3. 伊丹空港
  4. 福岡空港
  5. 那覇空港

の5カ所のみに設置されています。これは、ANAスイートラウンジの設置空港と同じ。

「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」は、JMBダイヤモンド、JGCプレミアメンバー、ファーストクラス利用者のみ入室可能です。

空港が運営する空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)

空港が運営する空港ラウンジ(エアポートラウンジ、クレジットカードラウンジ)は、航空会社のラウンジと比べて利用条件が緩く、お金を払えば誰でも入室できます。
(ただし、当日の搭乗券を持っていることも必要)

空港ラウンジは「クレジットカードラウンジ」とも呼ばれるように、ゴールドカードなどと呼ばれる、比較的年会費の高いクレジットカードを所有していると、無料で利用することができます。

実際の利用状況を見ていても、お金を払って利用している人より、受付でゴールドカードなどを見せて無料で利用している人がほとんどです。

空港ラウンジ利用に制限があるゴールドカードも

ゴールドカードの名称や見た目であっても、空港ラウンジの利用に制限がかかっているクレジットカードもあります。

例えば、年会費無料のイオンゴールドカードは、羽田、成田、新千歳、伊丹、福岡、那覇空港の国内線のラウンジが無料で利用ができますが、その他の空港にあるラウンジは無料では使えません。
例えば、函館、小松、広島空港などの空港ラウンジは、イオンゴールドカードを見せても無料では使えないということです。

イオンゴールドカードと同じく無料のゴールドカードであっても、エポスゴールドカードであれば、利用できる空港ラウンジはずっと多いです。

また、楽天ゴールドカード(年会費2,000円(税別))のように、空港ラウンジの利用が年に2回までと回数制限されているゴールドカードもあります。

陸マイラーに人気で、私のメインカードであるSPG AMEXであれば、全国の空港ラウンジは無料で、かつ本人に加えて同伴者1名までが無料です。

陸マイラーが年会費34,100円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込34,100円! ...

もちろん、空港ラウンジの利用回数制限もありません。

東日本 空港ラウンジマップ(国内線)

それでは、全国の空港ラウンジマップです。まずは東日本地域から。

東日本 空港ラウンジマップ(国内線)

新千歳空港

新千歳空港には、ANAラウンジ、JALラウンジ、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)全てがあります。

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)である「スーパーラウンジ」は広く、滑走路も見えておすすめです。

北海道・新千歳空港 カードラウンジ「スーパーラウンジ」を利用してみた
国内線の乗降客数としては、羽田空港に次ぐ全国2位の北海道・新千歳空港(札幌)。 正に、北の玄関口といえる空港です。 この新千歳空港内...

青森空港

青森空港には、「エアポートラウンジ」という名前の空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)があります。

このラウンジは少し変わっており、ゴールドカードなどのクレジットカードがなくても、JALラウンジに入れる資格がある上級会員(JMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、JMBサファイア会員、JALグローバル会員、ワンワールドエメラルド会員、ワンワールドサファイア会員)であり、当日のJALの青森空港出発便を利用の方は、無料で使えることです。

最も、JALの上級会員になるような方であれば、ゴールドのクレジットカードくらいは持っていそうですが。

保安検査前のラウンジのため、当サイトの分類上は空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)としています。

羽田空港

羽田空港は、国内線利用者が日本で最も多い空港ですから、ANAラウンジ、JALラウンジ、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)全てがあります。

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)は、第1ターミナル、第2ターミナルいずれも3カ所ずつあります。

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)は、POWER LOUNGEという名称にリニューアル後、使いやすく、快適になりました。

羽田空港国内線 第1ターミナル(JAL側)のクレジットカードラウンジ まとめ
羽田空港 国内線第1ターミナル(JAL側)には、3つのクレジットカードラウンドがあります。 2017年から始まったPOWER LOUN...
羽田空港国内線 第2ターミナル(ANA側)のクレジットカードラウンジ まとめ
クレジットカードで主要なゴールドカードを所有していると、空港にあるラウンジを無料で使うことが出来ます。 このページでは、羽田空港国内線...

小松空港

北陸新幹線開通により、以前よりも利用者の減っている小松空港ですが、ANA・JALともにラウンジがあります。また、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)もあります。

小松空港は、福井県の利用者が見込める空港です。

北陸新幹線が福井まで延伸したとき、小松空港の乗降客数はさらに減るでしょうから、将来もANA・JALラウンジが維持されるのかは、私にはわかりません。

西日本 空港ラウンジマップ(国内線)

関西以西の、西日本地域における空港ラウンジマップです。

西日本 空港ラウンジマップ(国内線)

松山空港

四国の中で最も乗降客数が多い、松山空港には、ANAラウンジ、JALラウンジ、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)の全てがあります。

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)は、2階と3階にそれぞれ1か所ずつあります。

宮崎空港

宮崎空港には、ANAとJALが共通で利用するラウンジがあります。
しかし、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)がありません。

航空会社の上級会員向けのラウンジがあり、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)がないのは、ここ宮崎空港だけです。

那覇空港

利用者が多い空港なので、ANA・JALラウンジ、空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)ともにあります。

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)の「ラウンジ華〜hana〜」は、空港の乗降客数の割には座席数が少ないので、普段から混んでいる印象です。

沖縄・那覇空港 カードラウンジ「ラウンジ 華 ~hana~」を利用してみた
国内線の乗降客数としては、福岡空港に次ぐ全国4位の沖縄・那覇空港。 この那覇空港内にある、空港ラウンジ「ラウンジ  華 ~hana~」...

空港ラウンジの概要一覧

空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)の、正規料金、場所(フロア)などの概要一覧は、以下のページにまとめていますので、併せてご覧下さいませ。

全国の空港における、カードラウンジの有無と概要一覧
全国の主要な空港には、空港にラウンジが設置されています。 通常は有料ですが、当日の航空券とゴールドカードなどのクレジットカードを提示す...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336

シェアする

フォローする(読者になる)