貯めたマイルで特典航空券を発券 3回目。今回は、冬の沖縄行き

スポンサーリンク
幅広728×90
沖縄旅行

貯めたマイルを使って、沖縄行きの特典航空券を発券しました。
最初の四国・高知県への特典航空券、家族にあげた国際線の特典航空券に続く3回目の発券。

考えてみると、合計 3回の発券は、6ヵ月足らずの期間です。

マイルが貯まって、身近に感じる沖縄

マイルを貯める前までは、沖縄というのは遠い場所でした。
日帰りで行く場所ではないと思いますし、個人的には仕事で行くこともありません。

沖縄には、飛行機で行くことが必須となりますが、家族旅行となると飛行機代もまとまった金額になります。

沖縄への旅行代金で大きなウェイトを占めるこの「飛行機代」ですが、貯まったマイルを使えばコストを大幅に抑えられます。

特に今はローシーズン(閑散期)。
必要マイルが抑えられ、14,000マイルで沖縄の往復ができます。これは、10月に四国に行った時よりも少ないマイル数です。

たくさんのマイルが貯まったことで、沖縄を身近に感じるようになりました。

冬の時期の沖縄

「沖縄といったら夏でしょ」、そう思われる方も多いと思います。
私もそう思います(笑)

しかし、ご存知の通り夏の沖縄は混雑しています。

那覇空港を出て、レンタカーの送迎を待つ行列の長さに驚かれた経験がある方も多いと思います。

しかし、冬の時期であれば夏よりも空いています。

定番の 美ら海水族館

今回の旅行の目的のひとつは、美ら海水族館

美ら海水族館

夏休み期間中だと美ら海水族館はいつ行っても混んでいると思いますが、冬の時期ならゆっくりと見ることができそうです。

男性には多いと思いますが、私は並んだり混んでいる場所に行くのが苦手なので、空いているのは助かります。

美ら海水族館は那覇空港から約100km、レンタカーで2時間くらいの場所にあります。
そのため、美ら海水族館を訪問すると、往復の時間を合わせて1日がつぶれてしまいます。

しかし、今回の旅行で美ら海水族館を訪問すれば、次からの沖縄旅行は別の観光地に行けると思うので、新たな楽しみができます。

冬限定、ホエールウォッチング

沖縄で、冬のみできる観光のひとつに、ホエールウォッチングがあります。

沖縄ホエールウォッチング

夏の時期は、シベリア付近の高緯度にいるザトウクジラですが、冬の時期は暖かい海を求めて沖縄付近にやってきます。

以前、特典航空券を使って高知県に行った時、ホエールウォッチングをしました。

高知駅・高知空港から最も近い「ホエールウォッチング・宇佐」で、野生のイルカとクジラを見てきた。
貯めたマイルと交換した特典航空券で高知県に行き、高知駅・高知竜馬空港から最も近いホエールウォッチング宇佐で、野生のイルカとクジラを見てきまし...

高知でのホエールウォッチングと比べて、沖縄のホエールウォッチングは以下の点が違います。

  • 料金が安い (高知と比べて3割くらい安い)
  • クジラとの遭遇率が 98%前後と非常に高い
  • クジラが見えなかったら全額返金される
  • ザトウクジラが見られる (高知はニタリクジラ)
  • 船の仕様が高い

料金が安いのに加え、クジラが見られなかったときに全額返金してくれるというのはありがたいです。それだけ、遭遇率が高いということですね。

今回、このホエールウォッチングを申し込んでいますので、見れますように!

ホテルもレンタカーも安い

夏のような繁忙期でないため、ホテルもレンタカーも安めです。

どちらも私は、特典航空券を使って旅行するときにやるべきこと、予約スケジュールリストに基づき、ホテルとレンタカーを早い段階で押さえています。

いずれも、早割があるプランを利用して、安く予約できました。

例えばレンタカーは、2,000ccクラスを朝から夜まで借り、免責補償ありでも5,300円で済みました。

那覇市へのふるさと納税で、宿泊費をさらに安く

那覇市のふるさと納税の中に、那覇市で1泊以上の宿泊を伴う旅行に使えるクーポンがもらえるものがあります。

寄付額 クーポン額
50,000円以上 18,000円分
100,000円以上 36,000円分

還元率は36%とそれほど高くないものの、飛行機代がかからない陸マイラーにとって、次のテーマは宿泊費の削減でしょうから、効果的な方法のひとつだと思います。

今回私は、那覇市にふるさと納税を行って、宿泊費を下げました。

ちなみに、那覇市の宿泊クーポンはクレジットカードで寄付金を支払うと、30分くらいでクーポンがメールで届きます。

そのクーポンは、Yahoo!トラベルのるるぶトラベル宿泊プランで利用できますので、寄付金の支払い~クーポン利用はオンラインで完結します。
(支払い後、那覇市から届く書類を返送する必要はありますが)

マイルを貯めて、旅行を気楽に

時期や行き先によっては、特典航空券の獲得競争が激しいという問題はあるものの、たくさんのマイルがあると旅行が気軽になります。

「ちょっと、カニ食べに北海道行ってみようかな」と、特典航空券の空き状況を見ている自分に、ハッとするときがあるくらい。

国際線についても、いろいろな国を休日カレンダーと併せながら検索して、旅行の妄想をしていたりします(笑)

しかし、約1年前から予約が始まる国際線は、行き先によっては競争が激しいですね。
特に人気のハワイ線は厳しいです。

他の路線だと、秋頃の連休や年末年始もまだ空いているのですが。

まとまりのない文章になってしまいましたが、このサイトをご覧になっている方に多くのマイルが貯まり、旅行先でいろいろな思い出ができると良いですね。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
10,000マイルあったら、特典航空券でどこまで行ける?
マイラーになる前には、高いハードルに見える10,000マイル。 実際には意外と簡単に貯められてしまうのですが、10,000マイルあった...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)