バニラエア国内線 特典航空券の必要マイルマップ

スポンサーリンク
幅広728×90
LCC バニラ・エア

ANAマイレージクラブのマイルは、子会社であるバニラエアの特典航空券と交換することができます。路線は少ないものの、ANAによる特典航空券よりも、少ないマイル数で特典航空券と交換できます。

バニラ・エアとは

バニラ・エア株式会社は、日本のLCC(格安航空会社)の1つです。
2011年に設立され、その時はエアアジア・ジャパン株式会社という社名でした。

2013年にマレーシアのエアアジアとの提携が解消され、社名を現在のバニラ・エア株式会社に変更、ANAの100%子会社となりました。

現在は、成田空港と関西空港を拠点としています。(国内線の拠点は成田のみ)
成田空港でのターミナルは、LCC専用の第3ターミナルです。

バニラエアには、マイレージ制度がありません

バニラ・エアはLCCのひとつで、他のLCCと同様にマイレージ制度はありません。

そのため、バニラエアだけを利用していても、マイレージを貯めることも使うこともできません。
マイルサービスを提供するために必要なコストを、通常の航空券を料金を下げるために使っているような感じでしょうか。

ANAで貯めたマイルは、バニラ・エアで使える

しかし、親会社であるANAのマイルは、バニラエアの特典航空券と交換できます。

バニラエア特典航空券。ANAのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「ANAマイレージクラブ(AMC)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。

マイルと特典航空券を交換できるのは、全路線が対象です。

発着時期による、マイルの割増なし

バニラ・エアの特典航空券には、発着時期によるマイルの割増はありません。
時期に限らず、同じ必要マイル数で特典航空券と交換できます。

バニラ・エア 国内線 特典航空券 必要マイルマップ

バニラ・エアは、ANAやJALと比べると圧倒的に路線数が少ないので、行き先は限られます。

バニラ・エア 国内線 特典航空券 必要マイルマップ

ご覧のようにバニラエアは、少ないマイル数で特典航空券と交換できます。

路線 ANA バニラ・エア マイルの差
成田 – 札幌 L(閑散期):12,000
R(通常期):15,000
H(繁忙期):18,000
10,000 2,000~8,000
成田 – 奄美大島 路線無し 10,000
成田 – 沖縄 L(閑散期):14,000
R(通常期):18,000
H(繁忙期):21,000
12,000 2,000~9,000

特に、Hシーズン(繁忙期)のマイル差が大きいです。
チケットの獲得競争は激しそうですが、繁忙期に特典航空券と交換できれば、必要マイルを大きく節約出来ますね。

まとめ

ANAマイルをバニラ・エアの特典航空券と交換すると、必要マイルを少なくできます。

国内の路線は、成田空港を拠点として、札幌(千歳)、奄美大島、沖縄(那覇)に限られますが、条件が合えばマイルを有効に活用できそうです。

関連項目

ANA国内線 特典航空券の必要マイルの地図を作ってみました。(東京発着版)
ANAの国内線の特典航空券の必要マイルで行けるエリアを、地図で表記してみました。 皆様のマイルを特典航空券と交換する際の参考になれば幸いで...
マイルを貯めるのは、意外と簡単!?
「実際に飛行機に乗ったり、クレジットカードを全力で使わなくても、マイルって簡単に、そしてたくさん貯まるんだ!」と気がついてから、ANAマイラ...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)

コメント

  1. 長坂 より:

    マイル使用は全路線対象となっているのに7月26日の奄美大島から成田空港の便がマイル使用からの予約席が、✖︎になっていました。
    マイル使用てなけれび空席があるので、電話で確認させて頂いたところ、26日はマイル使用の席はないとの事でした。
    全路線対象とは、どういう事なのか教えて頂けると助かります。

    • ana-miler.net より:

      長坂様

      コメントありがとうございます。
      全路線対象とは、マイルで乗れる路線が、その会社の運行する全ての路線であるという意味です。

      しかしながら、それぞれの路線、それぞれの便には、特典航空券用の座席数が決まっています。
      座席全部が特典航空券に使われてしまうと、航空会社が飛行機を飛ばしてもお金が入ってこないからです。

      例えば、ある路線のある便の特典航空券座席数が10席だとします。
      有料の座席が余っていたとしても、特典航空券の座席が10席埋まってしまうと、特典航空券を使っての予約はできません。
      キャンセル待ちです。

      人気路線や、もともと機材が小さくて特典航空券の枠が少ない路線では、すぐに特典航空券の枠がいっぱいになってしまいます。
      今回も、特典航空券用の座席が満員になったのだと思います。