ANA国内線 特典航空券の必要マイルの地図を作ってみました。(東京発着版)

ANA国内線 特典航空券 必要マイルマップ 東京発着

ANAの国内線の特典航空券の必要マイルで行けるエリアを、地図で表記してみました。
皆様のマイルを特典航空券と交換する際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レグタングル大336
【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。
当サイト限定で、通常入会ボーナス30円分のところ、500円分のポイントがもらえます。チャンスは、8月31日まで!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。
陸マイラーが、年会費33,480円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込33,480円...

マイルは貯まった。さぁ、どこ行こう?

マイルを本格的に貯め始めると、国内線往復くらいのマイルは意外と簡単に貯まります。

現地で日本語が使える場所が多く、日本から人気のハワイ行きはチケットの競争が激しいことに加え、休暇を考えると国内線の方が気楽です。

貯まったマイルを使って国内線を利用する場合、どこまで行けるのかANAのサイトに載っていますが、文字ばかりなのでパッと分かりません。

そこで、マイルと時期によってどこまで行けることができるのか、地図上で表記してみました。

発着時期による必要マイル(シーズンチャート)

特典航空券の利用・交換は、同じ行き先でも時期によって必要マイル数が違います。

時期は3つに分かれており、

  • L:ローシーズン (閑散期)
  • R:レギュラーシーズン (通常期)
  • H:ハイシーズン (繁忙期)

になります。

ざっくりしたとろでは、
正月明け~2月、4月がローシーズン。

年末年始、卒業旅行・転勤や進学の引っ越しシーズン、GW、お盆付近の夏休みなどの連休のタイミングがハイシーズン。

その他がレギュラーシーズンです。

それぞれの詳しい日にちは以下の通りです。
(当ページ更新時に過ぎている時期は省略)

【 L 】
ローシーズン
(閑散期)
2018年 12/1~21
2019年 1/6~2/28、4/1~25
12/1~21
2020年 1/6~2/295/7~7/31
8/26~11/30
【 R 】
レギュラーシーズン
(通常期)
2018年 5/7~8/9、8/21~11/30
2019年 3/1~14、5/7~7/31
8/26~11/30
2020年 3/1~12
【 H 】
ハイシーズン
(繁忙期)
2018年 8/10~20
12/22~31
2019年 1/1~5、3/15~31
4/26~5/6、8/1~25
12/21~31
2020年 1/1~5、3/13~31

ANA国内線 特典航空券 必要マイルマップ

東京が起点で、羽田・成田から直行便があるものを載せています。

ANA国内線 必要マイルマップ

いずれも、往復のマイル数です。片道だと、記載の半分(50%)です。
往復でシーズンが異なる場合や、沖縄離島路線などについては、ANAのオフィシャルサイトでご確認下さい。

【ANA公式サイト】シーズン・必要マイルチャート。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

東京発着の必要マイル数表(往復時)

全旅程の距離 対象の路線 必要マイル数
0~600
マイル区間
秋田、庄内、仙台、新潟、
大島(2015年10月25日撤退)、八丈島、
富山、小松、能登、
名古屋、大阪(伊丹、関西、神戸)
L 10,000
R 12,000
H 15,000
601~1,600
マイル区間
稚内、オホーツク紋別、旭川、女満別、根室中標津、
釧路、帯広、千歳(札幌)、函館、大館能代、
米子、鳥取、萩・石見、岡山、広島、岩国、山口、
高松、徳島、松山、高知、
北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島
L 12,000
R 15,000
H 18,000
1,601~2,000
マイル区間
沖縄 L 14,000
R 18,000
H 21,000
2,001~4,000
マイル区間
石垣、宮古 L 17,000
R 20,000
H 23,000

必要マイルマップを作製しての感想

今回、地図を作製してみて、やはり沖縄までは距離があるのだと思いました。

電車が充実している関東~大阪、北陸、東北と比べると、東京から飛行機での移動が前提となる北海道や四国、九州は空港が多いのが分かります。

個人的には、行ったことがない空港の方が圧倒的に多いです。
マイルを貯めて、いろいろな空港に行ってみたいと思います。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページにつ...
ポイントサイトって、何だろう?新しい広告の形
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。 ネットショッ...
マイルを貯めるのは、意外と簡単!?
「実際に飛行機に乗ったり、クレジットカードを全力で使わなくても、マイルって簡単に、そしてたくさん貯まるんだ!」と気がついてから、ANAマイラ...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)