Gポイント、ANA陸マイラー向けまとめ

Gポイント

ポイントサイト「Gポイント」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けにまとめました。

【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。
当サイト限定で、通常入会ボーナス30円分のところ、500円分のポイントがもらえます。チャンスは、9月30日まで!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。
陸マイラーが、年会費33,480円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込33,480円...

Gポイントの運営会社、会員数について

サイト名称 Gポイント
運営会社 ジー・プラン(株)
本社 東京都品川区東品川4-12-4
資本金 2億9,600万円
主要株主 ビッグローブ(株)
三井住友カード(株)
株式公開 非上場
設立 2001年 2月
従業員数 73名(2014年6月現在)
会員数 300万人

Gポイントの運営会社は、ジー・プラン(株)、会員数は300万人と大きなポイントサイトです。
主要株主は、ビッグローブ(株)と三井住友カード(株)です。

ビッグローブサービスを利用されている方は、サービスの利用でもGポイントが貯まります。

また、三井住友カードを利用中の方は、カード利用で貯まったポイントをGポイントに移行できます。

Gポイントのポイント単価と有効期限について

ポイント単位 1Gポイント
ポイント
価値
1円(1ポイント = 1円)
ポイント
有効期間
最後にGポイントを交換・取得または利用した日より12ヶ月。

Gポイントは、1Gポイント = 1円で、とても分かりやすくなっています。

Gポイントの有効期限は、交換・取得または利用した日から12ヶ月です。

メインのクレジットカードをエクストリームカードとする方、また、ポイントサイトを利用するANAマイラーの方は、「1年間 Gポイントのポイントを獲得しない」ということは無いでしょうから、問題ありません。

Gポイントから、ANAマイルへの交換方法

Gポイントは、ANAマイルに直接変えることができます。

しかし、例えば3,000Gポイント(3,000円相当)を、直接ANAマイル変えた場合には、1,000マイルにしかならず、交換率は33%です。

そこで、GポイントをLINEポイント経由でメトロポイントに変えて、その後でANAマイルに変えると、交換率は3倍近くに良くなります。

この理由から、Gポイントは、LINEポイントに変えるのが有利です。

ANAマイルまで
  1. Gポイントを、LINEポイントに
  2. その後、LINEポイントをメトロポイントに。
  3. メトロポイントを、ソラチカカードを使ってANAマイルに
最小交換単位 100 Gポイント(100円相当)
交換単位 100Gポイント
交換レート 100Gポイント:100 LINEポイント【等価
交換期間 2~3日後
交換手数料 5%分のポイントが必要。
ただし、広告アクションの実行により、
ポイントバックを受けると実質無料
交換限度額 不明

2016年4月25日より、Gポイントからメトロポイントへの移行に、手数料として5%のポイントが必要になりました。

ただし、広告アクションを実施することで、ポイントバックされますので、実質無料にできます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Gポイントからメトロへの交換に5%の手数料が必要になる改悪。ただし、実質無料への道も
Gポイントからメトロへの交換に5%の手数料が必要になる制度改悪のメールが届きました。 ただし、ポイントバックで実質無料の方法もあります...

交換は100 Gポイント以上から行うことができ、以後100G ポイント単位で交換します。

GポイントからLINEポイントへの交換を行うと、2~3日でLINEポイントに交換されます。

その後、LINEポイントからメトロポイントに交換します。

ANAマイルに交換するための効率的なスケジュールは以下のページにまとめています。

ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...

Gポイントの特徴、メリット、ANAマイラー向け使い方

GポイントのANAマイラー向けの使い方として、ポイントの交換窓口の役割があります。

これは、2018年4月1日から、メトロポイントに交換できるポイントの種類がLINEポイントに限定された為です。

LINEポイントへの交換ルートを持つGポイントは、交換の窓口として重要な役目になりました。

この他、クレジットカード発行、ネットショッピング、モニター案件など、様々な利用方法があります。

モニター制度とは、モニター等を募集している店舗に応募した後、食事や買い物をすることで、ポイントが還元されるものです。
店舗での支払い時には、必ずレシートを受け取ります。

自宅に戻った後、店舗での体験をアンケートの形で提出し、お金を支払った証拠としてレシートの写真を添付します。
最近は、スマートフォーンをお持ちの方が多いので、アンケートおよびレシート写真の提出とも、スマホだけで完結します。

支払額に対する還元率は、モニターの条件によって異なりますが、30~50%程度が多く、中には100%もらえる案件もあります。

クレジットカードの作成は、何度もできませんが、モニターや覆面アンケートは何度でも、利用できます。
クレジットカードなどを作り終わった後は、これらのサービスでポイントを貯め、それをマイルに交換していきます。

ゲームはやらなくて良い

Gポイントでは、ポイントがもらえるゲームなどが準備されているものの、他のポイントサイトと同様、それほど貯まらないでしょう。

時間効率を考えたら、他のことを考えた方が良さそうです。

Gポイントの新規会員登録に必要なもの

Gポイントの登録のためには、以下の項目が必要となります。

  • 氏名(フリガナを含む)
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号

準備が出来たら、次のGポイントロゴから新規登録することができ、入会プレゼントで50Gポイント(50円相当)もらえます。

Gポイント

会員登録に必要な情報はそれほど多く無いので、3分くらいで登録は済むでしょう。

Gポイント ANAマイラー向けまとめ

  • Gポイントは、ポイントの交換窓口の役割から絶対に必要
  • 2016年4月25日より制度改悪により、Gポイントからメトロポイントへの移行に5%分のポイントが必要に
  • ただし、広告アクションの実施により、ポイントバックを受けられ、実質的に手数料無料の救済措置があります。
  • ANAマイラーは、GポイントをLINEポイントに交換します。
  • その後、LINEポイントをメトロポイントに交換。
  • 最後に、メトロポイントを、ソラチカカードを使ってANAマイルに

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
ポイントサイトって、何だろう?新しい広告の形
ポイントサイトを、知らない方もいらっしゃると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。 ネット...
ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)

コメント

  1. ええええ より:

    今日Gポイント覗いたらメトロへの交換が3/31までになってましたよ!

    • ana-miler.net より:

      ご返信が遅くなりまして申し訳ありません。

      そうなんです。2018年1月9日に改悪が発表され、Gポイントからメトロポイントに交換できるのは、3月31日が最終日です。
      http://ana-miler.net/column/sorachika_route_close
      お手元にGポイントがたくさんあったら、3月中に交換しておいた方が良いと思います。

      その後は、LINEポイントからであれば、引き続きメトロポイントに交換できます。
      なので、Gポイント → LINEポイント → メトロポイントであれば、引き続きソラチカカードでANAマイルと交換できます。