大量マイルの獲得手順 ~概要~

ANAマイレージクラブ

クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。
詳細な個々のページについては、順次追加していきます。

手順1、ポイントサイトへの無料会員登録

多くのマイルを獲得するために欠かせないのは、ポイントサイトへの無料会員登録です。

主要なポイントサイトは以下の通りです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!
モッピー!お金がたまるポイントサイト G Point PeX .money ドットマネー

いずれも、登録は無料です。

ポイントサイトの利用無くては、多くのマイルを貯めることはできません。
まずはここがスタートラインです。

手順2、ソラチカカードを作る!

次に必要なことは、通称ソラチカカード、正式には「ANA To Me CARD PASMO JCB」を作ることです。

ソラチカカード ANA陸マイラー向けまとめ
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の年会費、還元率、オートチャージ、ETCカード、メトロポイントなどをまとめました。 ソ...

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB
ソラチカカードを作るのは、このクレジットカードで普段の生活の決済をするためではありません。
(別に使っても全くかまいませんが、ショッピングに関しては他のカードの方がマイルは貯まります。)

ポイントサイト経由でクレジットカードを作ると、ポイントが貯まるクレジットカードは多数あります。

しかし残念ながら、2016年11月時点でソラチカカードが対象になっているサイトはありませんでした。(今後も当分無いでしょう)

年会費は2,000円(税別)ですが、初年度は無料です。
翌年度から2,000円(税別)かかりますが、更新マイルとして1,000マイル貯まります。

2,000円(税別)のコストはかかりますが、そのコスト以上に得られるメリットが大きいので必要経費と思いましょう。

なお、東京メトロ To Me CARDには、ソラチカカードの他に以下のカードがありますが、ソラチカ以外は不要です。

  • To Me CARD Prime
  • To Me CARD Prime PASMO
  • To Me CARD ゴールド
  • To Me CARD PASMO ゴールド
  • To Me CARD 一般

ソラチカカードが必要な理由は、メトロポイントとANAマイルの相互交換と、90%もの高い交換率

他の東京メトロ To Me CARDにはなくて、ソラチカカードのみにある機能、それが、メトロポイントとANAマイルの相互交換です。

メトロポイントとANAマイルの相互交換

メトロポイントとは、東京メトロ独自のポイントで、基本的には乗車によって貯まります。

「自分は東京に住んでいないから、東京メトロは関係ない」、そう思われるかも知れません。

ご安心下さい、東京に住んでいる人でも、東京メトロの乗車のみで、飛行機に乗れるほどのメトロポイントは貯まりません(笑)

実は、ポイントサイトのほとんどは、各サイトで貯めたポイントを、このメトロポイントに交換できるのです。

そして、その貯まったメトロポイントは、90%という高い交換率で、ANAマイルに変えることができます!これを俗に、ソラチカルートといいます。

ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...

この90%の交換率がどのくらい高いかというと、例えばTSUTAYAやファミマ、Yahoo!で利用できるTポイント。
Tポイントは、ANAマイルに直接交換できますが、交換率は50%です。

同様に、楽天ポイントもANAマイルに直接交換できますが、こちらも交換率は50%です。

同じポイント交換でも、ソラチカカードを使い、メトロポイントをANAマイルに交換するのは、凄く効率が高いのです。

手順3、エクストリームカード(Extreme Card)を作る!

先ほど、ショッピングに関してはソラチカカードよりも、他のカードの方がマイルは貯まりますと書きました。

それが、エクストリームカード(Extreme Card)です。

Extreme Card(エクストリームカード)

エクストリームカード ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカードとの2枚持ちで、ANAマイルへの最高還元率が1.35%と絶大な効果を発揮する、エクストリームカード。カードの基本的な情報をAN...

年会費は、3,000円(税抜)ですが、年間30万円以上使えば翌年は無料なので、余裕でクリアです。

エクストリームカードは、還元率1.5%で、Gポイントに交換できます。

そして、Gポイントは先のソラチカカードを経由することで、実質1.35%でANAマイルに交換できるのです!

Gポイント、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「Gポイント」のポイントをANAマイルに交換する方法、貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けにまと...

ソラチカカードのみでも、ショッピングでの買い物に対して、1%の還元が受けられます。
しかし、ANAマイルに交換する時には、5,000円もの手数料がかかります。

他のクレジットカードでマイルが貯まるものもありますが、年会費と移行手数料を考えると、ソラチカ+エクストリームカードの組み合わせが最安です。

2016年9月現在、エクストリームカードは、ポイントサイトのGポイントを経由して作ることで、1,000円分のポイントが貯まります。

そのため、オフィシャルサイトでカードの申込をするのではなく、Gポイントの会員になり、Gポイントのサイト内にある紹介ページから移動して、カードを発行しましょう。

※ANA VISA/Master ワイドゴールドカードを作り、リボ払いを組合わせると、年間支払額が1.7%を超える場合もあるようです。しかし、リボの金利があまりかからないように事前に入金するなどの手続きが毎月必要で、面倒そうなので私は採用しませんでした。
入金忘れをする自身はありますが、入金忘れをしない自身が無かったので(笑)

手順4、準備完了!ポイントサイトでポイントを稼ぎ、ソラチカ経由でANAマイルを貯める

ポイントサイトに登録し、ソラチカカード、エクストリームカードが出来たら準備完了です。

ポイントサイトの高額案件を使い、ポイントを貯めます。
高額案件で代表的なものは、クレジットカードの入会、FX口座の開設、生命保険の相談などがあります。

全てのポイントサイトは、メトロポイントに通ず

ポイントサイトで貯めたマイルは、各ポイントサイトの交換機能を使って、メトロポイントに交換していきます。

メトロポイントに交換されたポイントは、ソラチカカードの機能を使って、ANAマイルに変えていきます。

なお、メトロポイントからANAマイルへの交換は、月に20,000メトロポイント(ANAマイル換算後は、18,000マイル)が上限となります。
そのため、年間での上限は、216,000 ANAマイルになります。

まずは、やってみよう

このようなサイトを見ても、なかなか踏み出すのは難しいかも知れません。私もそうでした。

しかし、実際にやってみると、なかなか面白い世界です。
それと同時に、「もっと早くやっておけば良かった!」と思っています。知っていれば、今までどれだけのマイルが貯められたのだろうと。

2015年秋にソラチカカードなどの準備が出来てから、今後交換予定のものを含めると、1年足らずで27万マイル(交換前を含む)以上が貯まっています。

ANAマイラーへの一歩を踏み出してみませんか?

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
ソラチカカードが届いたらやるべきこと ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB。以下、ソラチカカード)が手元に届いたら、ANAマイラーがやるべき作業があり...
エクストリームカードが届いたらやるべきこと ANA陸マイラー向けまとめ
エクストリームカード(Extreme Card)が手元に届いたら、ANA陸マイラーがやるべき作業がありますので、その作業をまとめました。 ...
メトロポイントを、ソラチカカードでANAマイルに移行させる手順
毎月11日はメトロポイントの日。 メトロポイントをソラチカカードを使ってANAマイルに移行させる為の手順、上限、移行期間などをまとめました...
開始半年足らず、家族でハワイ旅行が見えてきました
ANAマイラー決意後、半年足らず。 獲得見込みのANAマイルを考慮すると、家族でのハワイ旅行が見えてきました。 思ったよりずっと早かった...

コメント

  1. でぷちゃん より:

    初めまして。私は何も知らずに、昨夏、アメリカ行きの時に、JCBだかVISAかのANAカードを作り、マイルもためるように設定しました。
    しかし、こちらのサイトや、関連の方々のを見ると、ハピタス会員になり、その後、ソラチカカードを作って、ANAマイルを貯めていかないといけないとあり、驚き。
    そこで、質問ですが、すでに、マイルを貯めているanaカードを持っているのに、ソラチカカードを作れますか?また、その際、今たまっているANAマイルは移行できるのでしょうか?大阪在住ですが、ソラチカは発行されますか?
    色々知りたいことがあって、もうパニックです。まずは、ハピタス会員になることですね。

    • ana-miler.net より:

      でぷちゃん様

      コメントありがとうございます。
      ANAカードの2枚持ちですが、VISAとMASTERなどカードブランドが異なれば可能です。私自身、ソラチカカードとANAダイナースの2枚持っています。
      また、手持ちがANA JCBカードであったとしても、ソラチカカード(JCB)に限って、2枚持ちができます。

      そのため、現在の手持ちのANAカードがJCBでなければ何も問題ありませんし、JCBであってもソラチカカードであれば2枚持ちができます。
      いずれにしても大丈夫です。

      現在貯まっているマイルですが、新たにソラチカカードを作っても、問題無く引き継ぎできますのでご安心下さい。
      ただし、ANAカードが2枚ある場合、親カードと子カードの扱いが出てきます。
      基本的に、後から作成したカードが親カードになりますが、親カードと子カードの変更は、ANAのホームページから後からでも簡単に出来ますので大丈夫です。

      最初、陸マイラーになった頃はよく分からず、四苦八苦していました。
      今は、ちょっとずつマイルが貯まっていくのが楽しみな毎日です。あせらず、ゆっくりいきましょう。