楽天プレミアムカードに入会し、プライオリティ・パスを無料発行しました。

楽天プレミアムカード

全世界の空港にあるラウンジを利用できる「プライオリティパス」を無料発行するため、楽天プレミアムカードを作りました。

プライオリティ・パスは、航空会社や搭乗クラスに関係なく、世界中のラウンジを利用できるサービスです。

海外へ行くことが多い方は、プライオリティパスの入手を検討してみると良いかも知れません。

※2018年10月にプライオリティパスが値上げになりました。記事中の料金は修正済みのものです。

スポンサーリンク
レグタングル大336
【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。
当サイト限定で、通常入会ボーナス30円分のところ、500円分のポイントがもらえます。チャンスは、11月30日まで!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。
陸マイラーが、年会費33,480円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込33,480円...

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスは、そのカードを持っていると、航空会社や搭乗クラスに関係なく、世界中の空港にあるラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティ・パスは、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。

日本国内の空港にある空港ラウンジ(クレジットカードラウンジ)は、いわゆるクレジットカードのゴールドカードを持っていると無料で利用できますが、プライオリティ・パスはその世界版と言えるかもしれません。

プライオリティ・パスの年会費と利用料金

プライオリティ・パスには3つのグレードがあり、それぞれの年会費と利用料金は以下の通りです。単位は、アメリカドル(US$)。なお、2018年10月に値上げされました。

会員種別 年会費 利用料金[1回当たり]
本人 同伴者
スタンダード 99$ 32$ 32$
スタンダード・プラス 299$ 10回まで無料
その後32$
32$
プレステージ 429$ 無料 32$

無制限で使えるプレステージは429ドルで、年会費が高いと言われるクレジットカードのSPGアメックスよりもさらに高い年会費です。
海外に行くことが多く、ラウンジをたくさん使わないと元が取れません。

今回、私が発行したのはプレステージ相当のプライオリティ・パスですが、実際には発行料金は無料でした。

なぜなら、楽天プレミアムカードのサービスのひとつとして、プライオリティ・パスを発行したためです。

楽天プレミアムカードとは?

楽天プレミアムカードは、楽天市場で知られる楽天が発行するクレジットカードです。

楽天プレミアムカード

見た目はゴールド。

楽天カードには、以下の3種類があります。

  1. 楽天カード [年会費無料]
  2. 楽天ゴールドカード  [年会費 2,160円(税込)]
  3. 楽天プレミアムカード [年会費10,800円(税込)]
  4. 楽天ブラックカード  [年会費32,400円(税込)]

2.の楽天ゴールドカードと、3.の楽天プレミアムカードは見た目が似ていますが、プライオリティパスが発行できるのは、楽天プレミアムカードと、4.楽天ブラックカードのみです。
(楽天ブラックカードは、楽天プレミアムカード入会後、一定条件をクリアしてインビテーションを受けると発行可能)

楽天ゴールドカードは、国内の空港ラウンジのみ使えます。
ただし、年間2回までが上限という、回数制限ありのゴールドカードです。

カード年会費は10,800円(税込)、家族カードは540円(税込)

楽天プレミアムカードの年会費は、10,000円(税別)です。

陸マイラーに人気のSPGアメックスの年会費31,000円(税別)に慣れてしまったので高く感じませんが、普通に考えると10,000円(税別)のクレジットカードはなかなかの年会費です。

しかし、プライオリティ・パスを通常発行すると、429ドルと日本円で4万円を余裕で超えますので、プライオリティ・パスが必要な人にとっては、年会費が安いカードです。
世界中にある空港ラウンジを、3~4回使えば、年会費の元が取れると思います。

家族カードは500円(税込)と安価。

しかし、家族カードにはプライオリティパスは付属しません。

そのため、海外のラウンジに入る場合、カード会員本人は無料ですが、同伴者は1人3,000円(税別)が別途請求されます。

プライオリティパスを2枚欲しい場合には、それぞれが楽天プレミアムカードに入る必要があります。

あるいは、年会費20,000円(税別)のMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、家族会員カードは無料で、かつ、プライオリティ・パスを発行できます。

プライオリティ・パスを、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードで無料発行しました
海外に行くことになったので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードを使って、プライオリティパスを無料で発行しました。 ...

ポイントサイト経由での発行の相場

ポイントサイト経由で楽天プレミアムカードを発行した場合の相場は、現在1,000円~3,000円程度です。

そのため、ポイントサイト経由で楽天プレミアムカードを発行したとしても、初年度で数千円の持ち出しになります。

年会費無料の楽天カードは、ポイントサイトで10,000円を超える還元があることを考えると、年会費が必要な楽天プレミアムカードであまり良い案件が無いのは残念です。

プライオリティ・パスの無料申し込み方法

ここからしばらくは、楽天プレミアムカードをお持ちの方、あるいは入会希望者向けの内容です。

プライオリティ・パスの発行は、楽天プレミアムカードの専用ページから行います。

各種申込から発行を依頼する

楽天プレミアムカードが届いたら、楽天e-Naviにログイン後、「海外でのお得な使い方」を選択します。

楽天e-naviにログイン後、「海外でのお得な使い方」を選択

確認画面後、再び申し込みをクリック

ページが移動すると、楽天プレミアムカード会員の方限定の項目に、「空港ラウンジサービス」の項目がありますので選択します。

空港ラウンジサービス

プライオリティ・パスの申し込みはこちら を選択

画面が切り替わるとプライオリティ・パスの説明が書かれています。

文章の後半に、「プライオリティ・パスの申し込みはこちら」というオレンジ色のボタンがありますので、選択します。

プライオリティ・パスの申し込みはこちら

申請理由、送付先を選んで確認画面へ

プライオリティパスを持っていない場合、申し込み理由は、新規申込となります。

楽天プレミアムカードによるプライオリティ・パスの有効期限は2年間なので、期限が切れている場合には、申し込み理由で更新を選びます。

住所欄には、楽天プレミアムカードの送付先住所が既に表示されていると思いますので、通常であればそのままでOKです。

プライオリティ・パス申請確認

受付完了画面が出たら、手続き完了

下のような受付完了画面が出たら、プライオリティ・パスの発行手続き完了です。

申し込み後、10日程度で届いたと思います。

プライオリティ・パスの発行手続き完了

後日、プライオリティパスが送られてきました。

以前、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで作ったプライオリティパスに引き続き、2枚目となります。
(MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで作ったプライオリティパスは、カード解約に伴い無効に)
プライオリティパス到着

プライオリティパスの最初の6桁は、クレジットカードの番号と同じ429770になっていました。その後ろの8桁が実際の会員番号でしょう。(写真には加工を施しています)

クレジットカード番号の先頭6文字は、発行者識別番号(Issuer Identification Number、略称:IIN)と呼ばれ、429770は「楽天プレミアム VISA」を示しています。

そのため、詳しい方がプライオリティ・パスの番号を見れば、発行元が分かるのではないでしょうか。まぁ、ラウンジの受付の方もそこまで見ないと思いますが(笑)

発行者識別番号の一覧はこちら

Credit Card Bin Codes. GitHub Gist: instantly share code, notes, and snippets.

なお、このプライオリティパスを使って空港のラウンジを利用する場合は、同時に搭乗券も必要です。ラウンジによっては、サインを求められる時もあります。

国内でプライオリティ・パスを使える空港は?

プライオリティパスのウェブサイトには、世界1,000箇所以上のラウンジが使えるとありますが、日本国内でプライオリティ・パスが使える空港は何か所あるのでしょうか。

プライオリティパスのウェブサイトのラウンジ検索機能で、JAPANを検索すると、以下4箇所の空港で、計9箇所のラウンジが表示されます。

残念ながら、国際化が進む羽田空港には、プライオリティ・パスで入ることができるラウンジはありません。

成田国際空港 [5箇所]

第1ターミナル
・KAL Business Class Lounge
・IASS Executive Lounge(出国前エリア)
・T.E.I. Lounge(出国前エリア)

第2ターミナル
・IASS Executive Lounge(出国前エリア)
・T.E.I. Lounge(出国前エリア)

関西国際空港 [1箇所]

第1ターミナル
・KAL Business Class Lounge
(出国前エリア・国内線でも利用可)

関西国際空港のKALラウンジであれば、国内線の利用でも利用できます。

中部国際空港 [2箇所]

・KAL Lounge
・Star Alliance Lounge

福岡空港 [1箇所]

国際線ターミナル
・KAL Lounge

他のプライオリティパス発行可能カードとまとめ

今回、楽天プレミアムカードのサービスの一環で、プライオリティ・パスを無料発行しました。

プライオリティ・パスを無料発行できるクレジットカードとしては他に、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が知られています。

プライオリティ・パスを、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードで無料発行しました
海外に行くことになったので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードを使って、プライオリティパスを無料で発行しました。 ...

プライオリティパスを家族2名で持ちたいという方には、この「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

普通にプライオリティ・パスのプレステージ会員に申し込んだ場合、399ドルかかり、同伴者は利用の度に27ドル必要です。
楽天プレミアムカードによるプライオリティ・パスでも、同伴者は1人当たり3,000円(税別)必要です。

しかし、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の場合、家族カードが無料なので、夫婦で申し込んでも、年会費は2万円(税別)。

プライオリティパスは、それぞれの本会員・家族会員いずれも発行できるので、同伴者の料金不要でラウンジを利用できます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、楽天プレミアムカードには無い、プラチナ・コンシェルジュサービス、手荷物空港宅配サービス等の他、様々な優待サービスも付いてきます。

カードのデザインも、楽天プレミアムカードよりも、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方が、遥かにカッコいいと思います(笑)

楽天プレミアムカードは、独身、あるいは1人で海外のラウンジを使う事が多い方向けかも知れませんね。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
全国の空港における、カードラウンジの有無と概要一覧
全国の主要な空港には、空港にラウンジが設置されています。 通常は有料ですが、当日の航空券とゴールドカードなどのクレジットカードを提示するこ...
空港のカードラウンジ(空港ラウンジ)を無料で利用できる、年会費無料クレジットカード まとめ
クレジットカードの中でも、ゴールドカードなどを持つと、空港にあるカードラウンジ(空港ラウンジ)に無料で入ることができます。 多くのゴー...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)