SPGアメックスの特典で、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを満喫してきた

SPGアメックスの特典で、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを満喫してきた

SPGアメックスの特典を利用して、宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに無料宿泊。今年2回目のシーアガイアです。

もちろん移動はマイルを使って特典航空券を発行。
レイトチェックアウトも利用して、のんびりしてきました。

スポンサーリンク
レグタングル大336

思い立ったが吉日。気軽に飛行機旅

時々、明確な理由もないまま、特典航空券の空き状況を見ることがあります。
普通の土日でも、人気の沖縄や石垣島行きは、特典航空券の空きはなかなかありません。

連休に至っては競争がより厳しくなり、特典航空券だけでなくお金を払って搭乗する普通の搭乗券でも満席のことが珍しくありません。

キャンセル可能な搭乗日4日前が狙い目?

特典航空券の締め切りは、搭乗日の4日前まで。
逆に言えば、搭乗日の4日前までだったら、搭乗日の変更・キャンセルができるということ。
(ただしキャンセルの場合、3,000マイルが必要になります)

そんな中、少し前まで特典航空券の空きが無かった宮崎行きの便に、パッと空きがでました。それはやはりというか、搭乗日4日前。

どなたがキャンセルか、搭乗日の変更をされたのでしょう。
行きの便と併せて、帰りの便の最終便にも空きが出ました。

思い立ったが吉日、家族に相談して、すぐに往復の特典航空券を押さえました。
マイルが手元にたくさんあると、飛行機の旅がとても身近になります。

なぜ、宮崎なのか

なぜ、宮崎なのか?と言われれば、沖縄行きはそもそも満席だったということもありますが、今年行った、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートが良く、もう1度行きたいと思っていたためです。

宮崎にマイルで行って、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで100平米超の部屋に泊まってきた
スティングのコンサートに刺激され(?)、マイルで宮崎行きの特典航空券を発行。 フェニックス・シーガイア・リゾートにある、シェラトン・グ...

前回訪問時、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでは、新しいプールやバーの工事をしていましたが、今回の訪問ではそれらが完成しているタイミングでした。

SPGアメックスの特典で無料宿泊できる

宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートが気にいったことに加えて、もう一つの大きな理由は、SPGアメックスの特典で無料宿泊できるということ。

SPGアメックスは、私の現在のメインカード。SPGアメックス

光熱費、スマホ代、保険料の引き落としなどで、入会特典と合わせて20,000スターポイント程度貯まっていました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは12,000スターポイントで無料宿泊できるため、手持ちのポイントでお釣りがきます。

特典航空券の予約後、SPGに電話してシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを予約。
ちなみに、12歳以下の子供は添い寝ができ、追加費用はかかりません。

小さな子供がいる家族にも優しい、SPGアメックスです。

なお、スターポイントで予約できるのはスタンダードの部屋になります。

宮崎行きは、便数が多め

羽田発の宮崎行きは、ANAとJALだけでなく、ソラシドエアも運行しています。

ソラシドエアは、ANAのコードシェア便となっており、ANAのマイルで特典航空券が発行できるため、実質的に便数が多くなっています。

宮崎空港は、福岡ほどではないですが、九州の中では2番目に便数が多く、2017年10月時点で羽田から1日12便が飛んでいます。

便数が多いことから、必然的に特典航空券も取りやすいと言えるでしょう。

羽田から宮崎までは、1時間40分

宮崎までは、飛行機に乗って1時間40分ほど。車で東京都内から箱根へ行く程度です。

これは、沖縄へ行くよりも1時間ほど早く、福岡よりも15分早いです。

飛行機に乗ってしまえば、宮崎は意外と近いものです。

当日空港で、より早い便に搭乗

パッと出た空きの特典航空券を取ったのは良かったのですが、行きの便で残念なことがありました。それは、出発が夕方と遅かったのです。

現地の滞在時間を長くするため朝早い便が良かったのですが、そのようにはいきませんでした。

しかし、特典航空券の国内線での利用には、非常に大切なルールがあります。

それは、
当日の飛行機に空きがあれば、特典航空券で予約した便よりも早い便に搭乗できる
というものです。

この空きというのは、特典航空券の枠に関する空席ではなく、有料で購入する座席も含んだものです。

そのため、前日から宮崎行きの航空券の空き状況を確認していました。
通常の座席でも、午前中の便は満席。午後の早い便に空きはありましたが、座席数が足りませんでした。

しかし、特典航空券で予約した1本前の便であれば空きがある様子だったので、早めに空港に到着してカウンターへ。

ネットで事前確認していた通り空席があり、問題無く早い便へと変更できました。

特典航空券でどうしても遅い便しか取れなかった場合でも、空席さえあれば当日空港で変更できますので、覚えておきましょう。

なお、当日空港で、自分が予約した特典航空券よりも、遅い便(後の便)には変更できませんのでご注意を。

出発までの空き時間は、子供が行きたいと言ったPOWER LOUNG NORTHに行きました。

羽田空港 第2ターミナル、カードラウンジ「POWER LOUNGE NORTH」を利用してみた。
羽田空港 第2旅客ターミナルのカードラウンジ「POWER LOUNG NORTH」の紹介です。 ゴールドカードなどを持っていると、無料で利用することができます。

SFC修行の許可がでない私はまだ、ANAラウンジではなくカードラウンジなのです。。。
それでも、新しいPOWER LOUGNEは快適だし、お酒も飲まないので良しとします。

チェックイン時、SPGアメックスの効果を実感

今回は実は2泊で、前の日は同じシーガイア内にある、コテージ・ヒムカに泊まっています。
こちらは到着が遅かったので、寝るだけ程度でした。

昼間は宮崎の観光を終えて、夜にシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに到着。
SPGアメックス入会後、初のシェラトン チェックインです。

チェックインカウンターは2階にあります。

16時までのレイトチェックアウト

SPGアメックスでは、無料で16時までのレイトチェックアウトが利用できます。

今回は、どこかを観光するのではなく、ゆっくりするのが目的の旅だったのでレイトチェックアウトは助かります。

レイトチェックアウトをフロントの方にお願いして、何事もなくOK。

部屋がデラックスツインにグレードアップ!

今回、スターポイントを使って予約していたのは、スタンダードのツインルームでした。

しかし、フロントの方から、グレードが高いデラックスツインルームへとアップグレードすることが伝えられました。

スタンダードは8階~15階のフロアですが、デラックスの場合には16~35階へと、より高層階になります。

今回は、デラックスルームの中でも最も高い35階のフロアになり、SPGアメックスの効果を実感しました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの写真を引用すると、デラックスツインルームはこんな感じ

シーガイア デラックスツインルーム

しかし、部屋のアップグレードで思うことがありました。

前回、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに泊まった時は、100平米超のクイーンズファミリーを利用しています。

その時にSPGアメックスがあったら、ひょっとしてもっと上位の部屋に泊まれたのではないか」と。

ただ、クイーンズファミリーでも広すぎて持て余してしまったので、あれ以上広かったとしても、使い道に困ってしまいます。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの36階以上は、より上位のプレミアムカテゴリー「Club Floor」となり、チェックインカウンターも36階にあります。

今度は、この36階以上のフロアに泊まってみたいです。

朝食は別途必要

無料宿泊で予約できる部屋は朝食なしの部屋となりますので、朝食は別途必要です。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの場合、大人2,300円、子供は1,150円です。
宿泊費がかかっていないので、この程度の出費はOKとします。

なお、SPGのスターポイントをMarriott(マリオット)のリワードポイントに交換して、マリオット系のホテルに宿泊すると朝食が付きます。




シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでの滞在

今回は、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでの「のんびり旅」が目的

天候にも恵まれ、予定通りのんびり、ゆったりすることができました。

夜には花火も

私が宿泊した日には、花火が行われました。

時間は3分と短いものですが、花火大会のように混雑することもなく、広々とした場所で見る事ができました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの花火

写真を撮影したのは、今年完成したばかりのガーデンプール。
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの建物が、花火の色に染まって綺麗でした。

客室から見ると、フロアによっては目線の高さで花火が上がって、印象深いでしょうね。

宿泊日には、みやざき酒フェス2017が開催されており、各種焼酎のティスティングや、宮崎グルメを食べることができました。

日の出

前回のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの宿泊では、快適なベッドのために起きた時にはすっかり日が昇っていました。

前回の反省をふまえ、今回はスマートフォンのタイマーをセットし、日の出を見ました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの日の出

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、43階建て・高さ154m。

これは、宮崎県内だけでなく、九州で最も高い建物で、目の前を遮るものは何もありません。
天気が良ければ、ばっちり日の出が見えます。

宮崎は、東京と比べると30分ほど日の出が遅く、西に来ているのだなと思ったりします。
早起きして眠いので、二度寝したあと朝食へ。

パインテラスでの朝食

二度寝したあとの朝食は、パインテラスへ。
ビュッフェ形式での朝食です。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート パインテラス

パインテラスは、たくさんの人でにぎわっていました。

和食、洋食、様々なものを選ぶことができます。

朝食の写真も撮りましたが、いつも食べ物の写真が上手く撮れず、家族からは「写真が美味しそうに見えない」と言われるため、割愛しておきます(笑)

ガーデンプール THE LIVING GARDEN

朝食後は、2017年7月にできたばかりの、ガーデンプール THE LIVING GARDENへ。
このLIVING GARDENは、宿泊者のみ利用できるエリアです。

写真撮って、「バリ島に来ています」とか適当なコメント付けてFacebookとかに投稿したら、信じてしまいそうな雰囲気(笑)

ガーデンプール THE LIVING GARDEN

この日は天候が良く、30度近い気温。
プールで泳げそうな感じでしたが、残念ながら9月2日でプールの営業は終了しています。

プールサイドは気持ちよく、寝っ転がって読書されている方があちこちに見えました。

新しいガーデンプールのプールサイド、のんびりするにはとても良いですね。

森のエリア

LIVING GARDENの東側には、10月にオープンしたばかりの森のエリアがあります。

森のエリアには、ガラス張りのバー KUROBARや、写真の「焚火のリビング」が3つ設けられています。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 森のエリア

焚火のリビングでは、時間帯によって提供されるものが異なりますが、フルーツフレーバーウォーター、コーヒー、マシュマロを無料で頂けます。

夜には、マシュマロを火であぶって食べている方が多くみえました。

こちらのスペースでのんびり寛ぐのも良さそうです。

レイトチェックアウトならではの景色

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの客室は、海側となる東側に面しています。

そのため、午前中に客室から海側の写真を撮ると逆光になり、写真を撮ることが難しいといえます。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの窓側の景色

プールサイドでのんびりしていると、既に時刻は昼過ぎ。

普通ならチェックアウトしている時間ですが、SPGアメックスにより今回はレイトチェックアウトにしています。

昼過ぎになると、客室の反対側から太陽が海を照らすようになりますので、海がとても綺麗に見えます。

レイトチェックアウトならではの、景色ではないでしょうか。

行ったばかりだけど、また行きたくなった

人生2回目のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート。
行ったばかりですが、また行きたくなっています。

今年12月3日(日)に、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートから車で30分ほどの、航空自衛隊 新田原基地において、新田原基地エアフェスタ2017があり、ブルーインパルスも来ます。

ブルーインパルスの2017-2018年スケジュールと最寄り空港
アクロバット飛行が人気の、ブルーインパルス。 首都圏では、埼玉県入間市の入間航空祭でブルーインパルスを見ることができますが、都内から近...

3回目のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを、これに絡めて行こうとも思いました。

しかし、同じことを考えている人が多いのか、特典航空券だけでなく通常の航空券も帰りが満席になっているので、難しそうです。

今回かかった総費用は?

今回は、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは無料で泊まっているものの、その前のコテージ・ムヒカは有料でした。

コテージ・ムヒカの宿泊費の他、2日半ほどの現地レンタカー、ガソリン代、高速道路代、食事代、羽田空港の駐車場代など含めても、65,000円足らずで済みました。

レンタカーのグレードを下げたり、そもそもレンタカーを借りなければ、もっと下がるでしょう。

羽田 ←→ 宮崎の航空券を購入したとすると、特割を使っても家族3人の場合で17万円ほど、正規の往復チケットでは22万円を超えます。

現地の滞在費を考えると30万円近くなるため、「ちょっと時間ができたから宮崎へ」とは言えない額だと思います。

しかし、航空券代の負担がほぼ無い陸マイラーだとハードルがかなり低いと言えるでしょう。
「やってて良かった、陸マイラー」と思う今日この頃です。

宮崎なら必要マイルが少なめ

宮崎まではレギュラーシーズンの場合、東京からは往復で15,000マイル、大阪からだと12,000マイルで済みます。

4人家族の場合、東京からだと60,000マイル、大阪からだと48,000マイルです。沖縄と比べると、4人で12,000マイル少なくて済みます。

48,000~60,000マイル程度であれば、当サイトに載っていることを行えば、1年足らずで貯められるでしょうから、ハードルは低いと思います。

マイルが貯まったら、次はホテル

マイルが貯まって、航空券の心配が少なくなると、次の課題はホテルです。

年会費は高いものの、良いグレードのホテルに、少なくとも年1回は宿泊できるSPGアメックスの人気が出るのも分かってきました。
特に今回のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでの宿泊を終えて。

SPGアメックスは、通常の入会ボーナスで10,000スターポイントがもらえます。

しかし、今回のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに無料宿泊するためには、12,000スターポイント必要なので、若干足りません。

しかし、友達紹介を受けてSPGアメックスに入会すると、入会ボーナス10,000スターポイントに加えさらに7,000スターポイントもらえますので、今回のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにも泊まることができます。

このSPGアメックスの入会についてもう少し詳しく知りたい方は、以下のページをどうぞ。

当サイトからの会員登録・申込がおトクなサービスのまとめ
2016年1月から当サイトの運営を始め、これまでに延べ214万超のページビュー(閲覧数)を頂いています。 訪問者が多くなるにつれ、ポイ...

まとめ

今回は、SPGアメックスの特典を利用して、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに泊まってきました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、スタンダードの部屋でも50平米ほどある広い客室と、窓から見える景色が素敵です。

2016年の客室リニューアルに加え、2017年のガーデンプール、森のエリアなどの新設により、より魅力的なホテルに変わっていると思います。

いろいろと観光するだけでなく、のんびり、ゆったりしたい方にとって、おススメの場所です。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...
マイルを貯めるのは、意外と簡単!?
「実際に飛行機に乗ったり、クレジットカードを全力で使わなくても、マイルって簡単に、そしてたくさん貯まるんだ!」と気がついてから、ANAマイラ...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)