ソラチカカードのキャンペーンで4,500マイルを獲得したが、後悔

スポンサーリンク
幅広728×90
ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)入会キャンペーンで、4500マイルを獲得したものの後悔しました。その理由とは?

ソラチカカードのキャンペーンで、4,500マイル獲得

2015年9月にソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)に入会しました。

その頃、入会後 4ヵ月以内に25万円以上のご利用で1,500oki dokiポイント(4,500マイル相当)もらえるキャンペーンがあり、きっちり25万円以上使ったので、先日そのポイントが付きました。

ソラチカカード oki dokiポイント獲得

なお、支払い名人などの登録で200oki dokiポイント(600マイル相当)もらえるキャンペーンも満足していますので、トータルで1,700 oki dokiポイントです。

このボーナスのoki dokiポイントは、1 ボーナスポイント = 3 ANAマイルですので、1,700ポイントは、5,100ANAマイルになります。

ショッピングで、25万円以上使って、4,500マイル獲得し、めでたしめでたしというところですが、今では少し後悔しています。

その理由は・・・。

後から入会したダイナースのキャンペーンだと20,000マイルだった

ソラチカカード作成後、ダイナースプロパーカードのポイント還元が物凄かった(当時 66,000円相当還元)ため、入会しました。

この時、ダイナースカードでも、入会後3カ月以内に25万円以上使うと、20,000ダイナースクラブ リワードポイントがもらえるキャンペーンがあったのです。

ダイナースクラブ リワードポイントは、ANAマイルに等価で交換できます。

ソラチカカードで、25万円使おうと励んでいたときと、時期がかぶってしまいました。

このキャンペーンのために無駄な買い物をするのは本末転倒ですので、既に一定額使っていたソラチカカードを優先させ、ダイナースのキャンペーンはあきらめました。

ソラチカカードとの差は、15,500マイル。
今考えても、もったいないことをしました。

ANAダイナースカードでリベンジ

ソラチカカードのキャンペーン条件を満足した後、ANAダイナースカードに入会しました。

ANAダイナースカードでも、入会キャンペーンがあり、入会後3カ月以内に、20万円(少しハードルが低い)利用で、20,000マイルでした。

前回のソラチカカードでの失敗を元に、ANAダイナースカードでのキャンペーン条件をクリア。

キャンペーンの20,000マイルが口座に入るのはもう少し先ですが、今から楽しみです。

キャンペーン時のまとめ

クレジットカード入会後、一定期間に一定額を使うと、マイルやポイントがもらえるキャンペーンはよく行われています。

できるだけ良い条件のキャンペーン条件を満足できるよう、見極めが必要です。

なお、ANAマイラーを目指すためには、ソラチカカードが必要です。
どのクレジットカードよりも最優先でソラチカカードを作りましょう。

キャンペーンマイルの獲得を目指すのは、その後です。

なお、現在行われているソラチカカードのキャンペーンについては、関連項目をご覧ください。

関連項目

ソラチカカード、2016年の入会キャンペーン中。11月30日まで再々延長
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の入会キャンペーンが行われています。 対象は、2016年11月30日(水)受付処理分ま...
ソラチカカード ANA陸マイラー向けまとめ
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の年会費、還元率、オートチャージ、ETCカード、メトロポイントなどをまとめました。 ソ...
ソラチカカードが届いたらやるべきこと ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB。以下、ソラチカカード)が手元に届いたら、ANAマイラーがやるべき作業があり...
ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マイレージ

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ソラチカカードの魅力はキャンペーン時のボーナスマイルではなく、メトロポイントからANAマイルへ90%という高交換率でANAマイルへ交換ができることです(通常は60%)。他のポイントサイトなどを利用しているなら、ほとんどのサイトはメトロポイントへ交換できるようですので、メトロポイントを経由すればANAマイルがたまりやすくなります。