オーバーブッキング時の協力でマイル獲得の準備。AMCフレックスパートナー制度の登録方法

スポンサーリンク
幅広728×90
AMCフレックスパートナー

オーバーブッキング時への協力で、協力金あるいは協力マイルがもらえる場合があります。
マイルでの受取には、AMCフレックスパートナーへの登録が必要ですので、手続きをご紹介します。

オーバーブッキング(Over Booking)とは

航空会社では、当日のキャンセルや乗り遅れの発生を見越して、実際の座席数より多めの予約を受ける事があります。これは、ホテルなど宿泊施設の予約でも行われます。

用意できる座席数・部屋数よりも多くの予約を受けることを、過剰予約や過剰販売といい、英語ではダブルブッキング(Double booking)、オーバーブッキング(Over booking)と言われます。

しかし、想定していたキャンセル数よりも実際のキャンセルが少ないと、当然ながら座席数は足りなくなります。

JRのような鉄道ではオーバーブッキングはほとんど聞きませんが、飛行機の場合ではしばしば遭遇します。

昨年秋頃、私が 小松~羽田便を利用した際、このオーバーブッキングに遭遇しました。
アナウンスで、後発の便への乗り換え依頼と、協力金・協力マイルの案内がされていました。
私は次の便でも良かったのですが、家に電話したら「早く帰って来い」と言われ、あきらめました(笑)

フレックストラベラー制度、AMCフレックスパートナーについて

飛行機において座席数が足りない場合、変更が可能な方に便を替えて頂き、その協力に対して、協力金やマイルがもらえます。

この、協力金をもらい、後発の便に変わる制度を、ANAではフレックストラベラー制度と呼んでいます。

フレックストラベラー、AMCフレックスパートナー制度について

【ANA公式サイト】フレックストラベラー制度のご案内。国内線の空港・機内でのサービスに関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

当日の後発便も満席の場合、翌日以降の便に変わる場合もあります。

協力金の額は以下の通りです。

代替交通手段 出発日 協力金
当日 10,000円
翌日以降 20,000円

なお、代替交通手段が翌日以降となる場合には、協力金に加えて宿泊費と宿泊施設~空港間の交通費もANAが負担します。

ANAマイレージクラブ(AMC)会員の場合、この協力金として現金をもらう代わりに、ANAマイルを受け取る方法があります。
このマイルを、AMCフレックスパートナー協力マイルと呼びます。

AMCフレックスパートナー協力マイルは、以下の通りです。

代替交通手段 出発日 AMCフレックスパートナー協力マイル
当日 7,500マイル
翌日以降 15,000マイル

7,500マイルは、時期と行き先によりますが、特典航空券で国内線片道相当です。
10,000円の現金で国内線の片道チケットを購入するためには、かなり早期に予約するなど条件が厳しくないと買えません。

やはりここは、マイルをもらうのが良いでしょう。

ここで必要なのが、事前のAMCフレックスパートナーの登録です。

AMCフレックスパートナーの登録方法

いつの日か来るかも知れない、オーバーブッキングへの協力でマイルをもらう為、事前にAMCフレックスパートナーに登録しておきましょう。

なお、登録したからといって、オーバーブッキングの際に必ず次の便以降にしなければならない義務はありません。
あくまで任意のことであり、都合の良い場合のみ協力すればOKです。

では、具体的な登録の方法をご案内致します。

AMCフレックスパートナー登録ページを開く

最初に、AMCフレックスパートナーの登録ページを開きます

AMCフレックスパートナーへの登録

最初に、Webログインパスワードの入力が求められますので、パスワードを入力してログインします。

ページが開くと、最初はフレックスパートナー登録希望部分が、「希望しない」になっていると思いますので、「登録 / 変更」をクリックします。

AMCフレックスパートナーへの登録1

登録を希望するにチェックを入れて、「内容確認へ」をクリック

ページが切り替わったら、「フレックストラベラー制度への登録を希望する」にチェックを入れて、「内容確認へ」ボタンをクリックします。

AMCフレックスパートナーへの登録2

「登録する」をクリックして完了

確認画面が出ますので、「登録する」をクリックすれば、作業は完了です。
簡単ですね。

AMCフレックスパートナーへの登録3

これで作業は完了です。
オーバーブッキングが出た際、ご自身の都合が良いとマイルを貯められるかも知れませんね。

ちなみにオーバーブッキングは、金曜日の伊丹空港や福岡空港から、羽田空港に向かう最終便でよく発生するようです。
出張や単身赴任の方が、東京に帰るビジネス客の方が多いからでしょう。

関連項目

大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
開始半年足らず、家族でハワイ旅行が見えてきました
ANAマイラー決意後、半年足らず。 獲得見込みのANAマイルを考慮すると、家族でのハワイ旅行が見えてきました。 思ったよりずっと早かった...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マイレージ

フォローする