三菱東京UFJ銀行の住宅ローン金利が、4月から2倍になってビビった。駆け込みセーフ

スポンサーリンク
幅広728×90
三菱東京UFJ銀行の住宅ローン金利が、4月から2倍になってビビった。

昨日発表された、三菱東京UFJ銀行の住宅ローン金利(10年固定)は、3月の0.55%から約2倍の1.05%に。
上がることは分かっていたものの、ここまで上がるとは思っていませんでした。

住まいについて考えることが多い、陸マイラーの世代。どなたかの参考になれば幸いです。

住まいについて考えることが多い、陸マイラーの世代

このブログは、マイレージの貯め方に関するものですが、他の方とは違ってSFC修業をする訳でも海外に頻繁に行く訳でもなく、まったりとした活動です(笑)

しかしながら、家族で毎月36,000マイル(ソラチカカード 上限 18,000マイル×2人)が貯まり続けています。
原資となるメトロポイントは2017年内分のポイントが移行済み。
毎月の作業を忘れなければ、年間獲得マイル 40万超は確実でしょう。

ここ3カ月ほどは、マイラー活動をしつつも、住まいに関することでバタバタしています。
その、バタバタしている理由のひとつが、住宅ローンの手続きに関するものです。

住宅ローンの審査に必要な書類の準備、書類の作成など、慣れない上に記入事項が多くて面倒なのです。

好条件だった3月の三菱東京UFJ銀行 住宅ローン金利

私は、住宅ローンの仮審査・本審査で以下の銀行を利用しました。

  • ソニー銀行(仮審査まで)
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友信託銀行
  • じぶん銀行

最終的に決めたのは、三菱東京UFJ銀行。
他の銀行と比べて、金利が良かったのと、固定金利後の優遇金利も良かったためです。

10年固定(当初引き下げ)・2017年3月借り入れだったので、借り入れ条件は当初10年間 0.55%、その後店頭金利から-1.60%でした。

10年固定を選んだのは、金利のこともありますが、いわゆる借り入れ額に対する年収倍率が低めであること、当初10年間の住宅ローン控除、今後の年収、家族の年齢などを考慮してのものです。

借り入れ期間は35年ですが、それほど長期に渡って払うつもりはなく、繰り上げ返済で早めに終わらせる予定です。

4月からは、金利が約2倍に。固定期間後の優遇も悪化

私が借り入れた3月は条件の良かった三菱東京UFJ銀行ですが、4月になって金利が高くなりました。

また、固定期間後の優遇金利も低くなっています。2月からの4月の金利は、以下の通りです。

実行月 固定10年 固定期間終了後
2017年 2月 0.50% -1.6%
2017年 3月 0.55% -1.6%
2017年 4月 1.05% -1.4%

結果からすると、2月・3月は、「バーゲン価格」

ちなみに、5年固定・7年固定よりも、10年固定の方が金利が安いという状態でした。

当初10年で0.50%、固定期間終了後で0.2%の差があると、3,000万円・35年間借り入れた場合、月に7,000円程度、総支払額では300万円以上変わってきます。

良いタイミングで借り入れられることができてラッキーでした。

住宅ローン控除で、借金してお金をもらえる状態に

今回は1.0%を切る金利で住宅ローンが実行になりました。
安心のため7大疾病に加入し、金利が+0.3になっているので、実際には当初10年間は 0.85%での借り入れです。

住まいを検討されている方、今住宅ローンを払っている方はご存知でしょうが、住宅ローン控除という減税政策があります。

これは、毎年末の住宅ローン残高の1%が10年間に渡り所得税から控除されるものです。
所得税から還付しきれない場合、住民税からも控除されます。

結果として、住宅ローンの金利が1.0%未満であれば、借金をしているにも関わらず、金利の支払い以上にお金が戻ってくる形になります。

賃貸 VS 持ち家に関する話は、いろいろな雑誌や書籍で書かれていますが、住宅ローン控除+金利1.0%未満での借り入れが受けられる場合は、住宅ローンを組んだ方が良いですね。

ただし、将来的に、大幅に値下がりしない物件であることが前提です。




4月に金利が上がることは分かっていた

実は、三菱東京UFJ銀行で住宅ローンの手続きをしていたとき、4月から上がることを、やんわりと伝えられていました。

融資手続きの際、

「2月実行だったら、あと0.05%安かったので、ちょっと残念です」

と、融資担当者にお伝えしたところ、

「来月は上がると思いますよ。『3月で良かったな』と思える程度に」

というような話をしていたからです。

その時は、「+0.2%で0.75%程度かな」と思っていましたが、「まさか2倍程度になるとは」という思いです。

じぶん銀行は、4月も0.50%で据え置き

私がポイントサイト経由で仮審査を依頼して、9,000円分のポイントをもらったじぶん銀行。

じぶん銀行(au銀行)の住宅ローン仮審査で、8100 ANAマイル(9,000円分)相当のポイント獲得
じぶん銀行(au銀行)の住宅ローン 仮審査をモッピー経由で受けて、9,000円分のポイントを獲得しました。 このポイントは、ソラチカルート...

三菱東京UFJ銀行と、au (KDDI)による共同設立のじぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行の金利上昇に沿う形で、金利が上がるかと思いましたが、0.50%で据え置きでした。

三井住友信託銀行も、0.55%で据え置き

三井住友信託銀行も、10年固定は0.55%で、3月から据え置きです。

三菱東京UFJ銀行の 1.05%と比べると、0.50%の差があるので、三菱東京UFJ銀行の住宅ローン 営業担当者は大変でしょうね。

ちなみに、私が4月借り入れとなっていた場合、三菱東京UFJ銀行ではなく、三井住友信託銀行かじぶん銀行で融資を受けていたと思います。

やはり、本審査は複数の銀行で

将来の金利は誰にもわかりませんが、やはり本審査は複数の銀行で受けて、選択肢を増やしておくことが大切だと思いました。

本審査の書類を準備したり、書類を書いたりするのは本当に面倒ですが、より有利な条件での借り入れとなるよう、複数の銀行での本審査を受けるのは大切だと思います。

ちなみに、住信SBIネット銀行の場合、インターネットで記入した項目が印刷された状態で本審査申込書が送られてくるので、実際に手書きで書く項目が少なくてラクでした。

住宅ローン おすすめのブログ

住宅ローンで頭を悩ませていたとき、最も参考にしたのは以下のブログでした。

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

記事も参考になりますが、ブログ運営の面からも参考になりました。

こちらのブログは、ブログ村のランキングに参加しており、PVランキングが1位でPV数は23万ほど。2位も同じ方の別ブログでPV数は一気に落ちて1.5万ほど。

マイレージカテゴリだと、PV数 23万で5位程度、PV数 1.5万だと50位以下でしょう。
マイレージカテゴリ、競争激しいですね(笑)

住宅ローンの詳細なシュミレーションなら、次の「みかローン」

他のサイトの住宅ローンシュミレーションよりも、圧倒的に細かい条件でシュミレーションできます。

慣れるまで、項目の入力に戸惑うかも知れませんが、シュミレーション条件を簡単に保管できるのが良いです。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)