VIASO(ビアソ)カードをちょびリッチ経由で申込。無料で10,000マイル超獲得なるか

スポンサーリンク
幅広728×90
VIASO(ビアソ)カード

先ほど、ちょびリッチからVIASO(ビアソ)カードの申込を行いました。
年会費無料カードですが、カード発行後、5,000円以上使うことで10,000マイル超が得られます。

年会費無料のVIASO(ビアソ)カードと、Jizile(ジザイル)カードが高還元中

現在、年会費無料のVIASO(ビアソ)カードと、Jizile(ジザイル)カードが高還元中です。

VIASO(ビアソ)カードの比較

上位のポイントサイトでは、12,000円相当のポイントが還元されます。
なお、還元のためにはクレジットカードが届いた翌月末までに、5,000円以上利用する必要がありますが、ハードルは低いです。

今回は、ちょびリッチ経由で申込み。その理由は

ポイントサイト案件比較である、「どこ得」で調べると、ちょびリッチよりも、えんためねっとと、ポイントタウンの方が高還元です。

今回ちょびリッチ経由を選んだのは、以下の理由です。

  1. えんためねっとは、交換先が銀行のみで、ANAマイルへのルートが無い
  2. ポイントサイトで得たポイントはPeX経由でメトロポイントに変えるが、その際に若干ながら手数料が必要

VIASO(ビアソ)カードの発行まず、えんためねっとは、交換先が銀行振込だけなので、ANAマイルに変えられません。
現金が欲しければ、えんためねっとで良いのですが、マイルを貯めることを考えると選択肢に入りません。

ポイントタウンはPeX経由でメトロポイントに交換しますが、PeX → メトロポイントに交換の際、50円相当の手数料が必要ですので、わずかですが目減りします。

ちょびリッチでは、.money(ドットマネー)に無料で等価交換できますので、この分の目減りはありません。

なお、.money(ドットマネー)では今月、ちょびリッチなどのポイントサイトから、ドットマネーに交換することで、5%増量のキャンペーンを行っています。

今回、ポイントが加算されるまでに、このような増量キャンペーンがあるかは分かりません。しかし、仮に5%増量キャンペーンが続いていた場合、11,500円相当のポイントだとしても、11,500×105%=12,075円相当と、オトクになります。

増量キャンペーンが続いていればラッキーです。

VIASO(ビアソ)カード 発行のまとめ

今回のVIASO(ビアソ)カードは、年会費無料で10,000マイル超も獲得できる、高還元の案件です。

いろいろ書きましたが、まずは審査が通るのが第一です。

ANAマイラーを目指してから、今回は5枚目のカード発行。
既存のカードを含めると、7枚目のクレジットカードですので、個人的には無事通るのか気になります。

関連項目

ちょびリッチ、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ちょびリッチ」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイ...
VIASOカード、翌日審査OK。申込3日後に到着
先日申し込んだ、VIASO(ビアソ)カードですが、申込翌日に審査が下り、申込から3日後には手元に届きました。ここ半年ほどで作ったクレジットカ...
VIASOカード発行・使用で、11,000マイル超獲得。.moneyの5%割増も適用に
ちょびリッチ経由で作成した、VIASOカードが発行され、規定の5,000円を使った為にポイント還元されました。.money(ドットマネー)へ...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
大量マイルの獲得手順 ~概要~
クレジットカードや飛行機の利用だけではない、大量のANAマイルを効率的に貯めるための手順の概要を記しています。 詳細な個々のページについて...
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マイレージ

フォローする