.money(ドットマネー)、ANA陸マイラー向けまとめ

.money(ドットマネー)

ポイントサイト「.money(ドットマネー)」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANAマイラー向けにまとめました。

.money(ドットマネー)の運営会社、会員数について

サイト名称 .money(ドットマネー)
運営会社 (株)サイバーエージェント
本社 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
資本金 72億300万円(2015年9月末現在)
主要株主 藤田晋
TAIYOFUNDLP
日本トラスティサービス信託銀行他
株式公開 東証1部(4751)
設立 1998年3月
従業員数 3,432名(連結)
会員数 840万口座(Ameba会員4200万人)

.money(ドットマネー)の運営会社は、東証一部上場の、(株)サイバーエージェント。
言わずと知れた、アメーバブログ(通称 アメブロ)の運営会社でもあります。
.money(ドットマネー)の口座数は、840万人とダントツ。Ameba会員は4,200万人とされますので、まだまだ口座数は増えそうです。

ポイントサイトを運営する会社としては、最も大きな会社となります。

.money(ドットマネー)のポイント単価と有効期限について

ポイント単位 1マネー
1ポイントの価値 1円(1マネー = 1円)
ポイントの有効期間 期限あり。期限は、マネーの獲得方法によって異なる。
アプリ・アメブロ、デイリースクラッチ:翌月月末
広告サービス、ショッピング、ポイント交換、かんたんお仕事:6ヶ月後月末

.money(ドットマネー)のポイントは、1ポイント = 1円で、とても分かりやすくなっています。

ただし、ポイントに有効期限が設けられていることに要注意です!

有効期限は、マネーの獲得方法によって異なります。
アプリ、アメブロ、デイリースクラッチによって獲得したマネーは、翌月の月末で失効します。
広告サービス、ショッピング、ポイント交換、かんたんお仕事で貯めたマネーは、6ヶ月後の月末で失効します。

ポイントの失効を忘れないように注意し、早めに他のポイントに交換するのが良いでしょう。

.money(ドットマネー)から、ANAマイルへの交換方法

.money(ドットマネー)のポイントをANAマイルに直接交換することはできません。
しかし、メトロポイントに変えることができます!

メトロポイントに変えたら、ソラチカカードを使ってANAマイルにします。

.moneyからANAマイルへ

メトロポイントから、ANAマイルへの交換方法は、以下の記事をご覧下さい。

メトロポイントを、ソラチカカードでANAマイルに移行させる手順
毎月11日はメトロポイントの日。 メトロポイントをソラチカカードを使ってANAマイルに移行させる為の手順、上限、移行期間などをまとめました...
ANAマイルまで ドットマネーをメトロポイントに。
メトロポイントからは、ソラチカカードを使ってANAマイルに
最小交換単位 300
交換単位 1
交換レート 300マネー:300 メトロポイント【等価
交換期間 交換手続き完了は、最大2ヶ月後
交換手数料 無料
交換限度額 99,999,999マネー(8桁以内との制限あり)

交換レートは等価で、交換手数料もありませんので、メトロポイントに交換する際のロスはありません。

交換完了までは最大 2カ月となっていますので、余裕のある交換が必要です。

円滑な交換を可能とするスケジュールは以下の記事にまとめています。

ANA陸マイラーがやることリスト。月間スケジュールカレンダー
陸マイラー活動が軌道に乗ってくると、毎月やるべきことが決まってきます。 それぞれの作業を、適切なタイミングで行うことで、最短の期間でポ...

.money(ドットマネー)の特徴、メリット、ANAマイラー向け使い方

.money(ドットマネー)のANAマイラー向けの特徴は、「ポイントの中継基地」としての役割です。

特にメリットがあるのは、ちょびリッチからのポイント交換です。

2015年11月まで、ちょびリッチで獲得したポイントは、PeX経由でメトロポイントに交換していました。
この際に手数料が必要で、ポイントが目減りしていました。

しかし、.money(ドットマネー)が2015年12月3日よりメトロポイントへの手数料無料交換に対応しました。

ちょびリッチのポイントを.money(ドットマネー)に交換する場合には、手数料無料で等価交換できます。
結果として、ちょびリッチをPeX経由で交換するメリットは無くなりました。

同様に、ハピタスは2016年7月から.money(ドットマネー)への交換が可能となり、利便性が高まりました。

.money(ドットマネー)は今後もポイント提携先が増える可能性がありますので、チェックが必要です。

ECサイトでの買い物でポイントを貯めて多重取り

.money(ドットマネー)では、楽天、ポンパレモール、ロハコ、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、ベルメゾンなど主要な総合ネット通販でポイントが貯められます。

これらのサイトで直接買い物するのではなく、.money(ドットマネー)にログインして、.money(ドットマネー)経由で買い物するだけでポイントが貯められます。

Ameba関連のコンテンツで、日々マネーを貯められる

Amebaを運営する強みを生かし、.money(ドットマネー)では、ピグやモグというアプリで一定条件を満たしたり、占いを見たり、ブログに「いいね!」をすることで、日々マネーを貯められます。

現状では、1日に10数マネーは貯められるので、コツコツやれば、月に300マネー程度になるでしょう。

「Amebaブログの月間総合ランキングに入賞したブロガー」に賞金として、1位 5000マネー(5,000円分)、10位で500マネーとかありますが、ハードルが極めて高いです。

そもそも、アメブロで月間 1位を取れる人なら、独自ドメイン+Google Adsenseでやれば、その10倍程度は入ってきそうです。

.money(ドットマネー)の新規会員登録に必要なもの

.money(ドットマネー)の登録のためには、Amebaのアカウントが必要で、その際には以下のものが必要となります。

  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 性別

登録の際、生年月日と性別は必要ですが、住所や電話番号の登録は不要です。
簡単に登録できますね。

.money(ドットマネー) ANAマイラー向けまとめ

  • .money(ドットマネー)は圧倒的な会員数を持つAmebaが運営。
  • .money(ドットマネー)は、ポイントの中継基地として優秀。
  • 地味に、毎日の作業で10数マイル相当貯められる。
  • ちょびリッチのポイントは、ドットマネーに等価交換できる。
  • .money(ドットマネー)のポイントは、メトロポイントに等価交換できる。
  • ハピタスの、.money(ドットマネー)対応により、さらに便利に
  • 今後も、ポイント交換先が増える可能性あり

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ソラチカルートとは?ソラチカカードがANA陸マイラーに必ず必要な理由
ANAのマイルを、効率的に年間216,000マイル貯める為には欠かせないソラチカルート。 ソラチカルートの為に、なぜソラチカカードが必要な...
ソラチカカード ANA陸マイラー向けまとめ
ANA陸マイラーには絶対欠かせない「ソラチカカード」の年会費、還元率、オートチャージ、ETCカード、メトロポイントなどをまとめました。 ソ...
ソラチカカードが届いたらやるべきこと ANA陸マイラー向けまとめ
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB。以下、ソラチカカード)が手元に届いたら、ANAマイラーがやるべき作業があり...