ANAダイナースカードを作りました。最大7万マイル可

ANAダイナースカード

ちょびリッチを介して、高額ポイント還元を受けられる、ANAダイナースカードを先月申し込みました。全てANAマイルに変えると、45,000マイル、キャンペーンを含めると7万マイル以上獲得できます。その取得の理由など。

ちょびリッチでの高額ポイント還元案件

2016年2月現在、ちょびリッチからダイナースカードを申し込むと、100,000ちょびリッチポイント(50,000円相当)の高額ポイント還元を受けられます。

ちょびリッチ、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ちょびリッチ」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイ...

ANAダイナースカードのちょびリッチ案件

対象のダイナースカードは、ダイナースプロパーカードの他、ANAダイナースカード、ダイナースクラブ ビジネスカード、銀座ダイナースクラブカード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードがあります。

ダイナースプロパーカードは、昨年、同じくちょびリッチで66,000円相当の還元(入会後24時間限定の10%UPを含む)があった時に作っていますので、今回はANAダイナースカードにしました。

なお、ダイナースプロパーカードを持っていても、他の提携カードの申し込みができます。

年会費を超えるポイント還元と、キャンペーンの内容

今回、ANAダイナースカードを作ったのは、年会費を超えるポイント還元と、後からご紹介するキャンペーン内容からです。

ANAダイナースカードの年会費は、税込29,160円

ANAダイナースカードは、年会費として27,000円(税抜)、税込で29,160円必要です。
年会費が無料になる方法はありません。

仮に、年会費分でANAマイルを買ったとすると、ソラチカカード経由で45,000マイルですので、1マイル = 約0.65円です。

45,000マイルあれば、特典航空券でハワイに1人行けます。
国内線の場合、レギュラーシーズンで羽田 – 札幌 3往復分、あるいは家族3人分です。

どの場合でも、29,160円で購入するのは困難です。

ポイント還元された50,000円分のポイントのうち、年会費分として30,000円を銀行振込にしても、ソラチカカード経由で18,000マイルが獲得できます。
これで、リスクなく、国内線 1往復程度のマイルになります。

決め手となったキャンペーン

2016年1月申込時点で、ダイナースおよびANA側のキャンペーンとして、興味があったものは以下の項目です。

  1. 新規入会で4,000マイル (通常2,000+ボーナス2,000)
  2. 搭乗で国内線1,500マイル、国際線3,000マイル
  3. 入会後3ヶ月以内に20万円以上の利用で、20,000ボーナスマイル

ANAダイナースカードでは、新規入会キャンペーンのため、ポイントサイトでもらえるポイントの他、入会だけで4,000マイルもらえます。

従って、ちょびリッチからカード発行するだけで、最大 49,000マイル獲得できます。

クレジットカードだけでこのマイル数を稼ごうと思った場合、500万円近く決済しなくてはならないので、本当に大量のマイルです。

搭乗でのマイルは、マイルが貯まる全ての運賃が対象になります。
コードシェア便は、ANA便名で予約・搭乗したものが対象です。

出張で搭乗する機会があるかもしれないので、タイミングが良ければマイルがもらえそうです。

入会後、3ヵ月以内に一定額を使うともらえるボーナスマイル

そして大きいのが、「入会後3ヶ月以内に20万円以上の利用で、20,000ボーナスマイル」というもの。
個人的に、定期券購入、車検、国内旅行などの決済を予定している時期だったので、特に問題なくクリアできる条件で、良いタイミングでした。

20万円で20,000マイルということは、ショッピングで通常貯まるポイントと合わせると、決済に対して、11%ものマイルが貯まることになります。

今回のキャンペーンにあるような、「入会後3ヵ月以内に、○○万円を使うとボーナスマイル」というのは時々行われています。

しかし、その利用額については、キャンペーンのタイミングで変わります。

今回は20万円でしたが、25万円、30万円という場合もあります。

残念ながら、2016年2月時点では、「入会後、3ヵ月以内に一定額を使うとボーナスマイル」は行われていないようです。

このようなキャンペーンは月末に終了することが多いので、月初はチェックが必要です。

今回、全てをマイルに変えると7万マイル超

今回入手できるポイントをマイルに変え、キャンペーンを全て実現したとすると

  • ちょびリッチからの還元ポイント、ソラチカ経由で45,000マイル
  • 新規入会で4,000マイル
  • 国内搭乗 1,500マイル
  • 3ヶ月以内に20万円以上使って、20,000マイル
  • 20万円分の決済ポイント、2,000マイル

となり、合計で72,500マイルになります。

年会費、29,160円でマイルを買ったと考えると、1マイル = 0.40円程度です。

ちょびリッチのポイントの一部を現金化し、年会費に充当したとしても、キャンペーン条件を満足すると、45,000マイル程度になります。

ダイナースカードの入会条件

ANAダイナースカードを含むダイナースカードの入会の目安として、オフィシャルサイトには、年齢27歳以上の方とありますので、若い方が作るのは難しそうです。

ダイナースをオンライン申込する場合、「カード発行クイック診断」画面が表示されます。

いくつか、条件を変えてこのクイック診断を試しましたが、年収は500万円(税込)以上あることが必要のようです。

従って、ダイナースカードを作るためには、「27歳以上 かつ 年収500万円以上」がひとつの目安となります。

ANAマイラーになるまでは、ダイナースカードは選択肢に無かったのですが、これまでのイメージからすると、入会のハードルが下がっている感じです。

ANAダイナースカードの使い道

キャンペーンの条件を満たすため、しばらくメインカードとして決済を集中させます。

飛行機の予約をする時も、25%のボーナスマイルを得るために使うでしょう。

全国の空港ラウンジも使えますので、出張の際には早めに空港に行くことになると思います(笑)

ちなみに、ANAマイラーを目指す前から、年会費無料で持てるゴールドカードのひとつ、イオンゴールドカードがあったので、羽田空港ラウンジだけは使えていました。

これは、旧ダイエー株主であったために招待されて作ったものですが、通常使うカードではないので、利用可能額は必要最低限に低くしています。
今はダイナースカードがあるので羽田空港でも使わず、イオンで割引が受けらる、20日・30日に買い物を行く時に持っていく程度です。

ANAダイナースカード 入会まとめ

  • 現在、ちょびリッチでダイナースの5万円相当の高額ポイント還元を実施中(2016年2月)
  • 高額ポイントを、全てマイルにすると、45,000マイル。
  • マイルを年会費で買ったとしても、購入単価は安い
  • 「入会後3ヵ月以内に、○○万円を使うとボーナスマイル」のキャンペーンは実施タイミングによる。
  • キャンペーンを全て満足し、高額ポイントもマイルに変えると、7万マイル超。

関連項目

陸マイラー向け。ANAマイルの貯め方から、使い方までの主要記事まとめ
ANA陸マイラー向けに、ポイントサイトやクレジットカードによるマイルの貯め方から使い方を、重要な記事から実例の細かい記事まで順に並べています...
ポイントサイトって、何だろう?
ポイントサイトを、知らない方もみえると思います。私自身、そうでした。 ポイントサイトは、ネット時代ならではのサービス。ネットショッピングか...
ダイナースカード発行案件、ポイント大幅ダウン
3月に入って、どのように変わるか興味があったダイナースカードの発行案件ですが、残念ながら、還元ポイントは軒並み大幅ダウンとなりました。 ...
開始半年足らず、家族でハワイ旅行が見えてきました
ANAマイラー決意後、半年足らず。 獲得見込みのANAマイルを考慮すると、家族でのハワイ旅行が見えてきました。 思ったよりずっと早かった...
VIASOカード発行・使用で、11,000マイル超獲得。.moneyの5%割増も適用に
ちょびリッチ経由で作成した、VIASOカードが発行され、規定の5,000円を使った為にポイント還元されました。.money(ドットマネー)へ...
ちょびリッチ、アメリカン・エキスプレス・カード発行で17,000円相当の案件募集中
現在、「アメリカン・エキスプレス・カード」および、「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」発行で、17,000円相当のポイント還元の案件...