ANAの上級会員数は何万人くらい?ANA発行の広告資料から考えた

ANAの上級会員数

ANAおよびスターアライアンスの飛行機に有料で、一定の距離×回数乗ると、ブロンズ、プラチナ、ダイアモンドと呼ばれるプレミアムメンバー(上級会員)になることができます。

この、プレミアムメンバーは、何万人くらいいるのでしょうか。
具体的な会員数は公表されていないため、ANAによる広告媒体資料から考えました。

スポンサーリンク
レグタングル大336
【注目記事】
当サイト訪問者の中で、最も入会者が多いポイントサイト、ハピタス。
当サイト限定で、通常入会ボーナス30円分のところ、500円分のポイントがもらえます。チャンスは、11月30日まで!
ハピタス、ANA陸マイラー向けまとめ
ポイントサイト「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する方法、ポイントの貯め方、サイトの特徴、メリット、デメリットなどをANA陸マイラー...

飛行機をマイルで確保した後に考えるべきは宿泊。マイラーに人気のspg AMEXは宿泊特化型のクレジットカードです。
陸マイラーが、年会費33,480円ものspg AMEXカードを持つ理由とは?
陸マイラーに人気の、spg AMEXカード。私の現在のメインカードでもあります。 spg AMEXの年会費は、なんと税込33,480円...

プレミアムメンバーとは

鉄道では、例えば新幹線にたくさん乗ったとしても、マイルが貯まって無料の乗車券がもらえるということはありません。
エクスプレス予約というサービスで乗車ポイントが貯まれば、普通指定席からグリーン席にグレードアップできる程度です。

しかし、ANAのような航空会社では、搭乗回数×搭乗距離などで決まるプレミアムポイントが貯まると、プレミアムメンバーと呼ばれる上級会員になることができ、様々な優待があります。

【ANA公式サイト】いつもの空の旅に 新しい感動を。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

つまり、たくさん乗って頂ける「お得意様」を優遇しますよ ということです。

プレミアムメンバー、3つのステータス

プレミアムメンバーになると、そのステータスに応じて、特典航空券の優先予約や優先チェックイン、専用保安検査、優先搭乗などさまざまなメリットがあります。

プレミアムメンバーには、以下の3つのステータスがあります。

  1. ブロンズ
  2. プラチナ
  3. ダイヤモンド

これらは、毎年1月~12月の搭乗期間のプレミアムポイントで決まり、例えばプラチナになるためには、50,000 プレミアムポイント必要です。

ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)とは?

先の、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの会員資格は1年間のみ有効です。
翌年もステータスを維持したい場合には、毎年プレミアムポイントを貯める必要があります。毎年クリアするのは大変そうです。

しかし、プラチナおよびダイヤモンドメンバーになっている期間中のみ申し込みできる、「ANAスーパーフライヤーズカード (SFC)」というクレジットカードを作ると、年会費のみ払い続ければずっと上級会員の資格を維持することができます。

この、SFCカードを作るために、プラチナメンバーになることが、SFC修行と呼ばれています。

ちなみに私自身は、現時点および来年のSFC修行予定はありません。
やってみたいものの、時間と費用の点で家族の理解を得るのが難しいでしょう。。。

家族全員でSFC修行実行するのは、現実的にかなり大変です。
乗った飛行機でそのまま帰る「タッチ」なんかは、家族に理解されそうにありません。

「何しに来たんだ」みたいな。
いや、私はそれでもいいのですが、家族、特に子供がそう思うでしょう。

仕事で異動があった場合、異動先によっては必然的に飛行機に多く乗るようになるでしょうから、SFC修業はその時でもいいかな 程度です。

ANAマイレージクラブ会員は、3,000万人

プレミアムメンバーの会員数ですが、ANAからは公表されていません。

プレミアムメンバーになるためには、当然ながらANAのマイレージクラブ会員である必要があります。

マイレージクラブ会員の数は、3,000万人程度であると、先日のカンブリア宮殿の中のナレーションがありました。

カンブリア宮殿 2016年11月10日ANA特集 放送の概要。ネタバレありまくり
2016年11月10日、テレビ東京系列のカンブリア宮殿で、ANAが取り上げられました。 放送されていない地域、あるいは、放送日が違う地...

2016年10月末の時点でTカードの会員数が、6,000万人を突破したということなので、Tカード会員の半分です。

ANAの広告媒体資料(ANA SKYMEDIA PROGRAM)

ANAが、新聞やテレビ、雑誌、駅の構内などに自社の広告を出しているときを見かけると思います。

同時にANAでは、時刻表や機内誌などに、広告を募集・掲載している立場でもあります。

この、ANAによる広告の募集は以下のページに掲載されています。

ANA SKYMEDIA PROGRAM 広告媒体の紹介このサイトのうち、右側に掲載されている「広告媒体のご案内」のPDF資料を開くと、広告媒体や広告費の一覧が掲載されています。

PDFは、全部で40ページ。

ANAの利用者プロフィールから始まり、

  • 機内誌
  • 機内の商品カタログ
  • スカイチャンネル(機内の動画サービス)
  • ANA時刻表
  • ANA SKY VISION(国内線の動画サービス)
  • ANA SKY AUDIO
  • 旅行に関するタイアップ広告
  • メールマガジン
  • ANA SOCIAL SKY PARK
  • ANAアプリ
  • マイレージクラブバナー
  • 空港内の看板
  • 国内線の紙コップ
  • 搭乗案内裏面
  • 国際線 ショッピングバッグ

などの広告費が掲載されています。

プレミアムメンバー会員誌「ana-logue」

ANA SKYMEDIA PROGRAMの媒体案内の中に、プレミアムメンバー会員誌「ANA-logue」の案内があります。

その概要は以下の通りです。

配布対象 ANAプレミアムメンバーのうち、
ダイヤモンド/プラチナ/スーパーフライヤーズサービスメンバー
発行形態 年3回発刊
(2016年7月25日・11月25日・2017年3月25日発行予定)
配布方法 配布対象者の自宅に郵送(一部ANAラウンジにて観覧可能)
備考 国際線ファーストクラスの搭乗者の約5割がana-logue送付対象者。
キャッチ 世界中を飛び回るビジネスパーソンのご自宅に送付するので、ご本人とそのご家族にリーチ可能

ANAプレミアムメンバーのうち、最も下になるブロンズ会員には送付されませんが、プラチナ以上およびSFC会員に配布されている会員誌です。

ブロンズ会員の場合、優待内容はプラチナ以上およびSFCと比べると見劣りします。

多くの方が、プラチナ会員を目指してSFC修業に挑戦するものの、ブロンズ修行しないのはこのためです。

ana-logue発行部数は、31万5,000部

さて、気になる会員向けのana-logueですが、発行部数は31万5,000部とありました。
東京・中野区の人口くらいです。

ANAラウンジに置かれる分や、ANAの社内で社員が見るための配布分なども含まれるでしょうが、ざっくり上級会員は30万人程度とみて良さそうです。
(SFC会員の場合には家族会員もあるので、「上級会員と同様のサービスを受けられる人」を加えると、もう少し多いでしょう。)

ANAマイレージクラブ会員が現在約3,000万人なので、プラチナ以上およびSFC会員の合計は、全体の1%程度ということになります。

人数で30万人というと多い感じがしますが、全マイレージ会員の1%というとハードルを高く感じます。

ブロンズ会員を含めたとしてもANAの上級会員は、全マイレージ会員の3%程度なのではないでしょうか。

31万5,000部と同等の発行部数の雑誌は

ana-logueの30万部を超える部数というのは、何気に凄いです。

例えば週刊誌、月刊誌で30万部前後のものは以下のような雑誌があります。(漫画を除く)

週刊文春 661,000
週刊現代 515,000
ちゃお 480,000
文藝春秋 468,667
週刊新潮 464,239
週刊ポスト 406,400
女性自身 361,025
女性セブン 359,300
サンキュ! 332,233
オレンジページ 323,900
ESSE 318,667
月刊ザテレビジョン 303,000
PRESIDENT 287,783
VERY 280,400

なお、これら雑誌の印刷公表部数は、以下のサイトで調べる事ができます。

日本雑誌協会のHPです。マガジンデータ、印刷部数公表、加盟社や、デジタル化についての取り組みなどを掲載しています。

現在、多くの雑誌は漫画を除くと印刷部数は20万部足らずです。
なお、これらは印刷された部数であり、実際に購入された部数ではありませんので、実数はもっと少なくなります。

翼の王国は、月84万部

話がずれたついでにオマケです。

ANAの機内に置いてあるお馴染みの「翼の王国」は、発行部数が84万部もあります。

ANA機内誌 翼の王国

そういえば、この「翼の王国」の表紙を描かれていた画家の堀越千秋氏が、10月31日にスペイン・マドリードで逝去されたとニュースになっていました。

この「翼の王国」は持ち帰っても良いのですが、使い回しするため、雑誌をご覧になる方は400万人近くなるようです。

84万部の発行部数となると、雑誌でもかなり絞られてきます。

2016年、スクープを連発した週刊文春でも70万部に届きません。

70万部を超える雑誌というと、以下のマンガのみになってしまいます。

週刊少年ジャンプ 2,151,667
週刊少年マガジン 995,017
コロコロコミック 790,000

このように、「翼の王国」の発行部数が80万部を超え、月間閲覧数約400万人というのは、広告媒体として考えると良いのではないでしょうか。

先にご紹介させて頂いた媒体資料のPDF前半にあるように、閲覧する方の属性も高めです。

なお、翼の王国の広告掲載料は、最も高い 表2見開き(天地280mm×左右420mm)で、520万円(税別)と案内されています。

これを高いと見るか、安いと見るか?

ANA上級会員数 まとめ

  • ANAマイレージ会員数は、約3,000万人です。
  • プレミアムメンバーには、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3つがあります。
  • プラチナ以上および、SFC会員向けに郵送されている会員誌の発行部数は31万5,000部です。
  • 会員誌の部数から推定すると、ANAの上級会員数は30万人前後でしょう。
  • これは、全マイレージ会員の約1%に相当します。
  • 機内誌である「翼の王国」の発行部数は、84万部もあります。
  • マンガを除くと、月刊誌・週刊誌で84万部も発行されている雑誌はありません。
スポンサーリンク
レグタングル大336
レグタングル大336
ブログランキングに参加中
ブログランキングに参加しています。このブログは今何位?
にほんブログ村 マイレージ

シェアする

フォローする(読者になる)